クリスマスにチキンを食べる意味と理由


400_33

クリスマスチキンを食べる意味。
クリスマスに日本人が食べる習慣になったのは?

元々日本になじみのないクリスマスチキンを、なぜクリスマスに食べるようになったのか?その意味と理由についてご紹介しておきたいと思います。

クリスマスにチキンを食べる意味は1970年代のクリスマスにチキンを食べよう!という大手フライドチキンガ会社のキャンペーンから一般的になったのではないか?と言われています。

クリスマスチキンを食べる意味と理由は?

キリスト教では、イヴのときは、断食するというほどではありませんが、肉は避け、クリスマス当日になると、正式な食事を取るそうです。

つまり、正餐を取るのであり、この正餐(ディナー)の代表的メニューとして、七面鳥や鵞鳥のロースト、また肉のローストなどが出るそうです。クリスマスチキンの理由でないかもしれませんが、アメリカのThanks giving dayにローストチキンを食べる(ブルーベリーソースと共に)というイベントもありますね。

クリスマスチキンの意味と理由は宗教的な背景が多い

昔の人たちには、神前にいけにえを捧げる風習があり、捧げたご馳走がそのまま食卓にのるようになったのですが、これは必ずしも七面鳥とは限らなかったみたいです。イギリスでは主に、ガチョウや鶏を使っていたのですがそうです。

これが17世紀に入り、清教徒がアメリカにわたり、最初の年の収穫感謝祭の日に野生の七面鳥を捕らえて神に捧げたのが、ヨーロッパに逆輸入されたものといわれているそうです。

チキンはその手軽さから七面鳥の代替品として食べるようになったようです。クリスマスチキンの背景には比較的安価で食べやすいチキンという背景が大きいかもしれませんね。

クリスマスにチキンを食べる意味

クリスマスチキンの意味は「美味しいから」

スモーク・エースの冬季限定クリスマスチキンを食べる意味と理由。今考えると宗教などの歴史的背景もあると思うのですが、19歳の頃にアメリカ人の家族に招待されたディナーのキラキラした光景。その時に中央に用意されていたのがクリスマスチキンでした。味は定かではありませんが、とても淡白であまり食が進まなかったという思い出があります。

しかし、クリスマスにクリスマスチキンを食べる意味は「美味しいから」に加え、「ヘルシーだから」子供から大人まで楽しむことができる。という事もあるとアメリカの友人が話していました。

クリスマスチキンの意味と理由は「日本の文化にしたい」から

あの時のキラキラしたクリスマスチキンの光景に理由はありませんでした。日本で一番美味しいクリスマスチキンを作りクリスマスの意味を演出したい。家族や大切な恋人と共に過ごすクリスマス。その主食としてクリスマスチキンが必要という理由を作りたい。まるで鶏ハムのようなクリスマスにチキンをクリスマスに食べる意味は食卓の幸せのため。

クリスマスチキンの意味はアメリカの宗教的なお祝いや企業のキャンペーンからスタートしたかもしれませんが、スモーク・エースのクリスマスチキンで豊かなクリスマスを過ごしてほしい。それが、私達が限定クリスマスチキンを皆様に紹介している理由です。

クリスマスチキンを食べる意味と理由は優れた食材のポテンシャル

宮崎県は養鶏文化が根強く、良質な宮崎骨付きチキンを厳選することができます。インターネットの影響もあり、8年を過ぎた辺りからネット経由の常連様も増えクリスマスチキンをクリスマスに食べる習慣に変わりつつあります。

クリスマスチキンを食べる意味

私達のクリスマスチキンで家族の意味、集う理由など幸せなクリスマスを過ごす幸せが増えればと思っています。大人になると集まるにはキッカケが必要になりますから。

クリスマスチキンは冬季限定品。12月第一週から注文が殺到する傾向にあるので、早めのご予約をおススメします。思わず笑顔になるクリスマスチキンです。

クリスマスチキン

トップへ戻る