ボツリヌス菌(細菌)とは


発生件数はごく少ないのですが、致死率が高い食中毒です。原因となる食品の多くは、イズシなどの発酵食品で加熱しないものや、レトルト食品・缶詰などでした。症状は目のかすみ、瞳が開いてまぶしい、ものが二重に見える、のどや口が渇いてのみこみにくい、舌がもつれるなどで、最悪の場合は呼吸困難で死亡します。

症状としては

食後8~36時間に、おう吐、下痢、うまく話せない、ものを飲み込みづらいなどの症状が出ます。呼吸ができなくなり死ぬこともある。乳児ボツリヌス症では、がんこな便秘、乳の吸い方が弱い、泣き声が弱い、無表情、首と手足の筋力が落ちるなどの症状がみられる。

原因としては

いずしや、瓶詰、缶詰など、長期間保存されることが多い自家製の食品が原因になりやすい。
レトルト食品と似た包装がされているために、誤って冷蔵保存されなかった食品も原因になっている。乳児ボツリヌス症の原因として、ハチミツが報告されている。

予防策としては

作りおきの料理を食べる場合は、十分に加熱してから食べる。120℃で4分、100℃で360分以上の加熱をしなければ菌は死なないので、家でいずしや瓶詰などを作るときは注意する。真空パックや缶詰が膨張していたり、異臭があるときは、食べないようにする。この菌は土の中にいるので、材料はしっかり洗う。

スモーク・エース直営店は厚生労働省の日本食品衛生協会優秀施設会長賞を受賞しており、安心で清潔な工場には自信があります。安心してお買い求めください。

▼詳しくはこちらをご覧ください
http://www.smokeace.jp/aboutsmokeace/5077.html

炭火焼レアー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る