黒豚とは

バークシャー種の俗称。昭和30年代以前のわが国における豚の品種は、白色の中のヨークシャー種と、バークシャー種で占められていたため、中ヨークシャー種を白豚、バークシャー種を黒豚と呼んだ。

黒豚は特に肉質に優れることから、消費者に好まれ、一種のブランドとして用いられている。

40年代から、ハンプシャー種、ラージブラック種、ブリティシュサドルバック種、ポーランドチャイナ種等、黒毛被毛の品種が輸入されたが、黒豚とは呼ばずデュロック種等とともに、有色種と呼ぶことが多い。

bacon_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る