クリーンパック(無菌包装)とは


従来、食品は二次加熱殺菌する事によって保存性を求めていたのが通例だったが、牛乳(LL牛乳)など無菌的にパッキングすることにより二次殺菌せずに保存性をもたせたことから、食肉加工品なども包装後二次加熱殺菌しない無菌パックが盛んに行われるようになった。

この包装をする場合は無菌ルームの設置、作業員の微生物防止管理、製品の無菌化、原料資材の監理、機械設備の選定、消毒殺菌法の確立などが完全に行わなければならない。

kukoten_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る