加圧加熱殺菌とは

加圧蒸煮ともいわれ大気圧以上の圧力で蒸煮するいわゆるレトルト殺菌のことである。

食品衛生法によれば、食品を気密性のある容器に入れ、密封した状態で、そこに発育しうる微生物を死滅させるのに十分な効力を有する方法をいい、その中心部の温度を120℃で4分間加熱する方法、またはこれと同等以上の効力を有する方法となっており、これで殺菌したものは常温流通ができることを特徴としている。

sumibi_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る