宮崎地鶏製品をお取り寄せ

400_7

最初に。宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)とは?

宮崎ブランドの宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)の歴史は深くはありません。2006年から2007年に生産者が増えてきました。ブランド地鶏は厳しい基準を国が設置し、そのガイドラインに忠実に従って生産環境を整え認定農場だけが取り扱う事ができます。

400_352

私たちも2006年に宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)生産者の方と出会い、高級食材として燻製品にしました。ただ、価格が通常の5倍以上になってしまうので正真正銘の高級品になってしまいます。

宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)製品は主に究極の贈答品

私達地元民でも宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)が通常の食卓に出てくることはありません。私達スモーク・エースは食品加工会社として、宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)=主に特別な贈答品という意識で製造しています。

内祝いやお中元お歳暮などの大切な方へ贈る究極のギフトとしてご活用される方が多く、私達もこだわり抜くことにしています。

400_25

例えば2009年宮崎県第一号の宮崎県推奨優良県産品に選出された、みやざき地頭鶏ももスモークは宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)の雌鶏のみしか使用しないという生産者さんに大変ご無理を言い製造しています。

jidokko_sikaku

お取り寄せで人気の宮崎地鶏製品、
宮崎名物鶏炭火焼こそ地元民の愛する味

宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)炭火焼も販売していますが、これも超高級品になってしまいます。宮崎県の地元民が愛する鶏炭火焼はスモーク・エース1番人気の元祖鶏炭火焼(真空パック)です。

国産鶏もも肉(主に宮崎産)を使用し、伝統食を真空パックで冷蔵流通。冷たいままでも美味しい鶏炭火焼を日本で初めて商品開発したのが1987年です。燻製工房のノウハウを活かし美味しさを引き出しました。

正直なところ、前述の宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)を炭火焼にするのは贅沢すぎます。鶏炭火焼は昔から焼酎のお酒のあてとして普段使いで食べるものでレジェンドであることは間違いありません。

加工品=冷たいままでも美味しいという技術はとても難しく焼き鳥とは全く異なります。的確なお客様のご意見がありましたのでご一読下さい(Facebookより)

facebook-3

まとめ|宮崎地鶏お取り寄せはブランドだから美味しいという訳ではありません。

宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)お取り寄せの場合は贈答品が一般的です。大切な方にワンランク上の高級品を贈りたいというニーズは常にあるからです。特に宮崎地鶏(みやざき地頭鶏)の燻製品は厳しく贅沢な環境で育てられてるだけあってワンランク上です。

しかし、地元民の普段使いの鶏炭火焼は当店人気No.1の鶏炭火焼に限ります。宮崎地鶏ブランドだから無条件で美味しいという訳ではありません。

sumibi_banner

jitokkosumibi_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る