ドライドビーフ〔製品名〕とは


ドライドビーフは牛肉を塩せき、乾燥し、場合によってはくん煙もするが、クッキングはしない。水分含量は低く、一般に25~35%である。乾塩せきまたは湿塩せきによって2日間以上塩せきする。

その後、冷水で塩出し、乾燥する。2~3日間くん煙しながら乾燥させることもある。1週間くん煙することもある。

ドライドビーフに供する部位はトップ、ボトム、ナックルであるが、ショルダークロッドを用いることもある。

miyazakipasutora_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る