液くん法とは


液くん法とは木酢液に原料を浸せきして乾燥する方法。くん煙時間の短縮のために考えられた製法である。

他にも、くん煙時間の短縮を目的とした製法には、くん煙液法(くん煙室内に木くん液などを蒸発させたもの)、電くん法(負体を電極としてコロナ放電によって吸着させる)がある。

teba_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る