鶏いぶし手羽の上手な食べ方をご紹介


鶏いぶし手羽の上手な食べ方

鶏いぶし手羽は満天☆青空レストランでも取材されたり、サッポロビールさんとコラボさせて頂いたり知る人ぞ知る品です。手羽燻製ですはそこまでこの部位にこだわるか!という程に徹底的に贅沢に仕上げています。

▼サッポロビールさんとのコラボの様子はこちらhttps://www.smokeace.jp/sapporoibushiteba.html

手羽先はポピュラーな部位なので安価な印象を受ける方もいらっしゃるかと思いますが、実は通好みの部位なんです。鶏いぶし手羽の美味しい食べ方の動画をご覧ください。

鶏いぶし手羽の美味しい上手な食べ方1:冷たいまま

鶏いぶし手羽は冷蔵保存されている状態です。コラーゲンを豊富に含む部位でカチッと旨みが冷蔵で固まっている状態です。動画でも鶏いぶし手羽の上手な食べ方として紹介されますが、手作業で切り込みを入れた部分から裂いてお召し上がりになると非常に食べやすいです。

和風ソースに漬け込んだ和風鶏ハムのような感じになります。見た目とのギャップに驚くことでしょう。

鶏いぶし手羽の美味しい上手な食べ方2:湯煎する

今回の動画で提案させて頂いている鶏燻し手羽の上手な食べ方として湯煎して温めるという方法があります。前述のコラーゲンの旨みが程よく溶け、旨みが全体にまわります。

ドリップが出過ぎないように注意しましょう。鶏いぶし手羽をサッと温めるのが美味しい上手な食べ方です。是非お試しください。

鶏いぶし手羽の上手な食べ方

トップへ戻る