宮崎名物鶏炭火焼誕生の物語 その2

手造り燻製工房 スモーク・エース

ご注文・お問い合わせは
AM9:30〜PM5:30(土日祝休)
0120-56-8875

手造り燻製工房 スモーク・エース

買い物かご
鶏炭火焼物語

前のページへ

1/ 2/ 3

宮崎空港店に直営店を出せるか?運営できるか?悩む日々

365日、美味しさを伝えています
転機は突然やってきました。

宮崎空港リニューアルに際して、
スモーク・エース直営店をオープンするお話を頂いたのです。

ありがたい話でしたが、製品の品質を保ちながら
今まで以上の生産能力に対応することができるだろうか?

宮崎の空の玄関口で満足して頂ける接客はできるだろうか?

何より、私達の製品が受け入れられるだろうか?


悶々と悩む日々が続きましたが

「美味しい物で感動をより多く届けたい!」

その一心でオープンする決心をしました。

オープン前の半年は、
夜遅くまでスタッフ全員で働いた事が昨日の事のように蘇ります。


驚きから美味しいに変わっていくのが分かり始めた

お客様と対面販売させて頂くなかで、
気が付くことがありました。

オープン当時、
真空パックの鶏炭火焼は全国に何処にもない商品だったので
とにかく味を知って頂くことが一番だと信じ、
実演コーナーなどで地道に試食販売を続けました。

最初は不気味そうに覗き込んでいたお客様が
「美味しい! !」と驚きの表情に変わっていく


私達にとって今も変わらず何より嬉しい瞬間です。
美味しい!と言われると本当にうれしい


鶏炭火焼レアの誕生

究極の製品。業務用として開発
私達は毎日鶏炭火焼の試食をします。
焼き立ての味は表現しがたいほどの美味しさです。

その美味しさをそのままお届けする、
焼きたての鶏炭火焼


店の炭火焼を食卓でも
次第に宮崎市街の飲食店で
鶏の炭火焼を食べた観光客の方々が

「お店の味と変わらないね!」


とお土産に買ってくださるようになり
少しずつ口コミで広がっていきました。

その時の、

お店の食感をそのままに…

という気持ちが新商品誕生のキッカケとなりました。

それが私達が誇る、鶏鶏炭火焼の究極系
鶏炭火焼レア』の誕生です。

この一品は冷凍品で美味しさを妥協している
常温製品とは一線を画しています。
絶妙の焼き加減で仕上げた半生タイプです。
焼き立てを瞬間冷凍し、旨みを閉じ込める


お店以上の美味しさをご家庭で

お店で食べるより美味しい自信作です。


当初は鶏炭火焼と鶏炭火焼レアの違いを
全く理解されませんでしたが、
ひと口食べれば一目瞭然。

本物志向のスモーク・エースの鶏炭火焼レアは
鶏炭火焼と並び多くのリピーターに愛され続ける
スモーク・エースの看板商品へと成長していきました。


大切な人にギフトとして贈りたいという声

口コミは徐々に広がっていき、お問い合わせが多くなり
電話で全国から注文を頂くようになってきました。


単に宮崎のお土産としてではなく
大切な方へのギフトとして
お中元やお歳暮に贈りたい


という声も年々聞こえてくるようになりました。

同時にインターネット販売も開始したことが
スモーク・エースにとってとても大きな転機であり、
幸運な出来事でした。
定番ギフト。鶏炭火焼セット

お店以上の美味しさをご家庭で
年間を通して選んで頂けている事を目標に、
スモーク・エースのホームページやチラシなどでは
現場の情報発信を心がけるようになり、お客様の距離も昔に比べて
より近くなっていった事を実感しています。

この黒い食品は何だ?という驚きから、
その独特の美味しさに惚れこんで頂きギフトに使用して下さる事は
私達にとって大きな大きな喜びであり感動なのです。

もっと全国の方々に知って頂きたい!


最高の品質の製品を造り続けることはもちろん、
伝えるという事も大事な時代になった事を私達は実感しています。


大切な人にギフトとして贈りたいという声

炭火焼を通した繋がり
私達の鶏炭火焼を口にした時、宮崎の風景が脳裏に浮かぶ。

離れていても美味しいという感動でつながる。


お客様の「至福のひと時」を想像しながら
私達は日々製造に励んできます。

スモーク・エースしか出せない、
1987年初めて真空パックタイプの鶏炭火焼を
世に送り出した発祥店の美味しさ。

これからも変わる事のない美味しさを守り続けます。

変わらずに進化する。


その言葉が相応しい宮崎名物だと誇りをもっています。
笑顔の食卓に貢献していきたい

前のページへ

1/ 2/ 3

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPへ