ソリレスとはどんな部位ですか?

ソリレスという部位があることを焼き鳥屋さんで知りました。ご存知ですか?

製造の中川です。正直ソリレスという言葉は私も聞きなれない為に、調べてみました。

ソリレスはフランス語らしく「残すものは愚か者だ」や「バカの残すところ」 という意味だそうです。焼き鳥屋さんでは、ソリ。アメリカではチキンオイスターと呼ばれるそうです。正直、私達もせせりなどの希少部位と取り扱っていますが、ソリレスをお客様がご存知とは驚きました。

ソリレスとは鶏モモ肉の足の付け根の辺りにある肉、ピンポン玉くらいの大きさのお肉の事を指します。クリスマスチキンの製造の際にソリレスが分かりやすく確認できますが、通の部位として焼き鳥屋さんでは重宝されているようです。

せせり同様に業界用語になじみがない方はソリレスという言葉に???だったのではないでしょうか?正直なところ、ソリレスは私共意識していませんでした。なぜなら私共の使用する鶏もも肉にソリレスは含まれており、特別に希少な部位という認識がなかったからです。

近年のヘルシー志向により、鶏肉が注目されているので食に関心の高い方はソリレスという言葉に敏感に反応したかと思います。私もダイエッターとして興味深い言葉に出会いました。

タイトルとURLをコピーしました