ノロウイルス(ウイルス)とは

1年中ありますが、11~3月を中心に発生します。予防のためには、貝類を食べるときは生食を避け、よく加熱することが大切です。貝類に関係なく、学校や保育園などの集団給食施設で発生する例もみられます。

また、人から人への感染もあり、患者数が急激に増加しています。人から人への感染の予防には、手洗いやうがいを頻繁にすると効果があります。

症状としては

食後1~2日で、おう吐、激しい下痢、腹痛などをおこし、幼児や抵抗力が落ちている人では、症状が重くなることがある。

原因としては

ウイルスを含む二枚貝(カキ等)を生や十分加熱せずに食べた場合。感染している人の手を通じウイルスが付いてしまった食品や、ウイルスの付いた包丁などで調理した食品を食べた場合

予防策としては

ウイルスを含んでいると疑われる食品の中心の温度を、85℃以上で1分間以上保つように加熱すれば、ウイルスの感染性はなくなるといわれている。カキなどの二枚貝は、体調の悪いときは生で食べるのを控え、生の二枚貝にさわった手や器具で、他の食品を扱わないようにする。包丁やまな板を使うときは、先に生野菜などの加熱しない食品を切り、生の貝は後で切り、生の貝に使った包丁やまな板と、調理済みの食品がふれないようにする。

seseri_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る