腸管出血性大腸菌(細菌)O157などとは


症状としては

食後12~60時間で、激しい腹痛、下痢、下血などをおこします。

原因としては

加熱不足の肉などが原因になりやすく、殺菌されてない井戸水や湧き水なども原因になります。菌を持っている動物のフンに汚染されている可能性があるためです。

予防策としては

生の肉にさわったら、よく手を洗う。包丁やまな板を使うときは、先に生野菜などの加熱しない食品を切り、生の肉は後で切る。生の肉に使った包丁やまな板と、調理済みの食品がふれないようにする。生の肉など加熱が必要な食品は、中心まで十分に加熱する。

鶏せせりガーリックフランク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る