手羽先の燻製の美味しい食べ方を教えて下さい


400_45

いぶし手羽燻製の食べ方にはコツが必要です。何も考えずに手羽先にかぶりついてしまうと中央の肉がかなり残ってしまう場合がありもったいない食べ方になってしまいます。

手羽の燻製の食べ方のコツは、写真のように、手で裂いて食べることです。そのままかぶりつくいてもいいですが、骨と骨の間に切り込みを入れると簡単に裂くことができますよ。

手羽燻製の食べ方は骨の周り(この肉が非常に旨い)まで余すことなく召し上がる事ができます。手羽の燻製は焼き鳥の手羽の食べ方と違い、製品自体がカチッとしているので、裂いて食べる食べ方が1番ベストだと思っています。

いぶし手羽燻製の美味しい食べ方はそのまま。

400_309

いぶし手羽燻製の美味しい食べ方は温めずにそのままかぶりつくように食べることです。じっくりと燻製していますので、手羽先なのにまるでハムの様な食感としっとりした味わいを楽しむことができます。

手羽燻製のおすすめの美味しい食べ方はサラダに混ぜたり、スライスしてハム代わりに冷やし中華に載せてみたり・・・など色々です!冷たくても美味しく食べれますので、あっさりレシピの食べ方にもお勧めですよ。

いぶし手羽燻製の美味しい食べ方2は温めて。

もちろん、お好みで温めたり、トースターなどで表面をカリッと焼くのも美味しい食べ方だと思います。温める事で、手羽先の肉汁が溢れ出し、ジューシーさが一層増します。

温めすぎて表面が焦げてしまわないように、食べ方には十分に気を付けて下さい。竹串で手羽燻製を刺して、竹串の先が温かければ十分に温まっている証拠です。

手羽燻製の美味しい食べ方(手羽スープ)

また、トースター以外にも、スープに入れて煮込んでも美味しい食べ方ですよ。煮込んだスープの中に、手羽の旨みと燻製の旨みが溶け出し、最後の一滴まで美味しいスープになるという、イチ押しの美味しい食べ方です。

冷たいまま or 温めてみなさんのお好みの食べ方をお選びになり、いぶし手羽燻製の美味しい独自の食べ方を探していただければ嬉しいです。

手羽燻製の食べ方(切り込みから裂く)サラダや中華麺に絡めて立派な一品に

手羽燻製の食べ方として、和風サラダに加える食べ方もおすすめです。いぶし手羽燻製が特製和風ソース(宮崎の新鮮野菜と特製ブイヨンの醤油ベース)で熟成、味付けされているのでオリエンタル風サラダなどによく合います。

冷し中華などの中華麺にもよく合う事がいぶし手羽燻製の食べ方研究レシピを模索して分かりました。是非お気に入りの一品に加えて下さい。

鶏いぶし手羽

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る