日本農林規格(JAS規格)とは

「農林物資の規格化等に関する法律(昭和25年法律第175号)(JAS法)」に基づく、農・林・水・畜産物およびその加工品の品質保証の規格である。一般的にJAS規格と呼ばれることが多い。

この規格を制定・普及させることで、(1)品質の改善、(2)生産の合理化、(3)取引の単純公正化、(4)使用又は消費の合理化を図るために検査に合格した製品にJASマークの貼り付けを認める任意の制度である。

teba_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る