薩摩鶏とは

本種はその名のとおり鹿児島県地方の原産といわれているが、最近ではその飼育羽数は少ない。体型はシャモほど直していない。性質温順で肉質がよい。成鶏体重は雄3800g、雌3000g程度になる。

羽色は多様であるが現存するのは赤笹、白笹などが多い。最近では、消費の多様化に対応して鹿児島県を中心に肉用鶏としての改良が進められ、本種との交雑種が一部市場に出ている。

seseri_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る