燻製職人が教える、手造り鶏ウィンナーの美味しい食べ方


ウィンナーの美味しい食べ方

宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの手造り鶏ウインナーは通常のウインナーとは違い、鶏肉(みやざき地頭鶏)を配合することで、驚くほどのジューシーさを再現しています。他で食べるウインナーとは一味違った美味しさです。そんな手造り鶏ウインナーの美味しい食べ方をご紹介いたします。

ウインナーの美味しい食べ方1:フライパンで温める

私たちの手造り鶏ウインナーはベーコン用の特上豚バラ肉、みやざき地頭鶏をブレンドした最高級品です。ウインナーの美味しい食べ方には是非こだわって欲しいと思います。常温に少し戻し、フライパンで両面を焼くことが基本的なウインナーの美味しい食べ方です。

常温に戻す理由は、冷蔵庫の中でキンキンに冷やしたまま温めると、中心が温まるまで時間がかかり、表面はしっかり焼けてるけど、中身は冷たい。という最悪の事態を防ぐためです。美味しいウインナーを食べるために、少し手間ではありますが、是非実践してみてください。

ウインナーの美味しい食べ方をしっかり把握するには竹串で中心をサンプルで刺して、下唇の下に当ててみるのが確実です。温かさを感じたらウインナーの食べごろのサインです。

うっすらと焼き目が付くくらい焼いていただくと、アツアツジューシーでビールのおつまみにばっちりの食べ方になりますよ。食べるときに、ウインナーを折る「パリッ」という音が、食欲を掻き立ててくれる、美味しい食べ方です。

ウインナーの美味しい食べ方2:ボイルであためる

湯煎で温めるのも良いですね。失敗しないウインナーの食べ方として、ボイルでしっかり中まで火を通した後表面を焼く。この方法が一番簡単なウインナーの美味しい食べ方ですね。

もちろんボイルだけで火を通した方が、油も使用しないのでヘルシー。ボイルでウインナーの美味しい食べ方を判断する場合、ウインナーが表面に浮いてきたら食べ頃のサインです。表面がパリパリになるので温かいうちにお召しあがりください。

ボイルする食べ方は、ウインナーを袋から出してから温めてください。真空パックをそのまま湯銭すると、風味を損なう恐れがあります。袋からウインナーを出し、お湯の中に入れて温めてください。

ボイルした後のウインナーはアツアツのうちにお召し上がりいただきますと、ジューシーな肉汁が口の中にあふれ、とても美味しくお召し上がりいただけます。ボイルしたウインナーと目玉焼きを合わせて素敵な朝食に。おすすめの食べ方です。

ウインナーの美味しい食べ方をマスターして豊かな食卓へ

ウインナーの美味しい食べ方で豊かな食生活

フライパン、ボイルどちらもウインナーの美味しい食べ方です。生地にしっかりと味が付いているので、温め方だけ気をつけていただければお子様も必ず喜ぶ美味しいウインナーになることは間違いありません。

混じりけのない、フレッシュな原料を使用しているのも燻製工房の規模が大きくないためです。ウインナーの美味しい食べ方をマスターして日々の食生活を豊かにして欲しいと思います。

ウインナーはピザやチャーハンに合わせたり、パンに挟んだりとアレンジした食べ方が沢山出来る料理の素材にもバッチリな製品です。スパイスのピリッと利いた辛さは料理の味付けには最高です。お好みの料理で自分なりの美味しい食べ方を探してみてくださいね!

ウインナーは万能食材です。さまざまなアレンジで美味しい食べ方を見つけてみてください。

美味しい手造り鶏ウインナー

トップへ戻る