エチルアルコール(エタノール)とは

分子式はC2H5OH、無色、可燃性の液体で一般にアルコールというとエチルアルコールのことをいう。

医薬用(興奮薬)、消毒用(70%のものが最も強い)に用いられる。各種アルコール飲料(日本酒、洋酒等)に酒精分として含まれる。

同じアルコール類であるメチルアルコール(メタノール)は致死量が30~100mlで飲用するとメタノール中毒(失明、呼吸まひ、心臓障害)を起こすので食品関係ではエチルアルコールとメチルアルコールを誤用しないようにすることが大事である。

kukoten_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る