天然色素とは

天然色素とは動植物体から得られる天然の色素をいう。

化学的な性質からみると、カロチノイド類、キノン類、フラボン類やそのほか含窒素化合物などいろいろである。

最近では合成の着色料は発ガン性などで問題にされてきたため、自然に存在する色素を着色料として用いるようになってきた。すなわち植物や昆虫、カビの色素でβーカロチンや水溶性のアナットー、クルクミン、コチニールなどによる天然着色料である。

olive_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る