天然ケーシングとは


天然ケーシングとは、従前よりハム・ソーセージ製造に使用されており、豚、牛、羊、馬などの消化管や泌尿器管を材料として造られたものの総称でありこの特徴は可食性であり、通気性もあるため、くん煙成分が十分に内部に浸透し得るほか、逆に内部の水分を乾燥させ、しかもこれによって「しわ」の生じない収縮性を持っていることである。

と体より内臓を取り出し、ケーシングとして使うものは内容物を速やかに取り除き表裏ともに冷流水で良く水洗したのち、適温で約24時間自然発酵させてから粘膜をはぎとり、飽和食塩水に浸せき後、細かい塩を十分にまぶしてから樽または箱詰とする。

豚小腸、牛腸、羊小腸などが特に多く使われている。

garlic_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る