半解凍とは


凍結肉の解凍は肉の表層からしだいに中心部に向かって進行し、解凍が終わるまでには時間のずれがある。

このため、品温のむらが大きくなるので、完全解凍を待たないで整形処理などの作業は出来る硬さになれば、解凍を中止して脱骨などの工程に移行することが得策である。

また、半解凍状態ではドリップの発生や鮮度低下が少なく、加工処理作業も容易であるなどの利点も多く、実際には多くの場合に用いられている。

nihon100sen

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る