細菌性食中毒とは


細菌がある程度まで増殖した飲食物を摂取して起こる食中毒のことをいう。

この場合、飲食物中の生菌が、腸管内で増殖して直接腸管に作用して発病する感染型食中毒と、食品内に細菌が増殖するさいに生じた毒素や細菌代謝物を含む飲食物を摂取して発病する毒素型食中毒がある。

サルモネラ、病原大腸菌、腸炎ビブリオによる食中毒は前者に属し、ブドウ球菌ボツリヌス菌による食中毒は後者に属する。わが国においては原因物質の判明している食中毒の大部分は細菌性中毒である。

mairudo_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る