鶏炭火焼の美味しい食べ方を教えてください

鶏炭火焼の美味しい食べ方

鶏炭火焼の美味しい食べ方のコツは「食べる前に常温にする」ことです。真空パックの炭火焼はしっかり強めに焼き加減を調整し、真空パックしています。

鶏炭火焼を美味しく食べる位には、焼きたてに近い状態に戻す事が大事。冷蔵庫から出して少し常温に戻してから、そのまま・もしくはフライパンで温めてお召し上がりください。

スモーク・エースの鶏炭火焼真空パックは冷たいままでも美味しいくお召し上がり頂けるように製造しています。調理不要で食べることができるので、おすすめです。

鶏炭火焼の美味しい食べ方

炭火焼の美味しい食べ方はトロミをつけること

鶏炭火焼添加物を使用していない冷蔵品なので、お土産で購入したときやネットでのお取り寄せした時は冷蔵で保存されています。

冷たいままでも美味しくお召し上がりいただけますが、加熱しない場合でも、食べる前に少し常温にもどしておく(室内の気温も影響しますのでご注意ください)方が、より美味しくお召し上がりいただけます。

常温の目安は袋から出した時にトロッと独特のトロミがでること。肉の表面に輝きが出ますので分かりやすいかと思います。

フライパンで軽く焼いても構いませんが、真空パックの炭火焼の美味しい食べ方はこのトロミを出す方法をお店でもアドバイスしています。

歯ごたえはそのままに味わいながらお召し上がりください。

鶏炭火焼の美味しい食べ方

鶏炭火焼は創業1983年宮崎地鶏と燻製工房スモーク・エースの人気No1製品であり、鶏炭火焼真空パックの状態で冷たくても美味しい商品開発を1987年にしました。それ以降、県内外で愛され続けているロングセラー商品です。

美味しいお召し上がり方をスタッフで試しながら動画にしています。この真空パック鶏炭火焼に関しては少々常温においてトリミを出すのがおすすめです。

鶏炭火焼をはじめ、おうち時間を楽しくする特集ページを作りました。お客様のご意見を聞きながら、今求められている製品をまとめましたので分かりやすいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る