間違えたくない”お中元のし”の贈り方

お中元を贈るのには欠かすことはできない”のし”ですが、正しいお中元”のし”の書き方、貼り方はみなさんご存知でしょうか?

400_321

上段に書く文字、その漢字、水引は「蝶結び」や「結びきり」どれにするのか、下段の書き方など様々な決まりごとがあり、他の行事と混ざってわからなくなることもあります。

失敗しない為に。お中元熨斗の正しい贈り方

お世話になった方へ送るお中元”のし”なので失敗はしたくはないですよね。そこで、お中元”のし”の正しい送り方を少しご紹介したいと思います。

上段には「お中元」か「御中元」と書きます。”お“は漢字でもひらがなでもどちらでもOKです。下段はご自身の名前や法人名で、名字だけでもフルネームでもOKです。

この文字は印刷でもOKですが、手書きの方が気持ちが伝わる気がしますね。お礼の品としてお中元を贈る場合は「お礼」や「御礼」と書いて贈るそうです。

そして、水引は紅白の蝶結び(花結び)です。蝶結び(花結び)は結び目が解けて何度も結びなおせるという意味から、何度も繰り返したい事柄のときに使うそうです。お中元以外にも、婚礼以外の祝い事、お礼、ごあいさつ、記念行事などで使われるそうです。

お中元熨斗の貼り方。内のし、外のしって?

”のし”の貼り方には”内のし”と”外のし”がありますが、持参して手渡しするときは”外のし”、宅配便などで送るときには控えめに”内のし”という場合が多いようです。

最近ではお中元などのご挨拶などの贈り物では、簡易包装も多くなっており、短冊熨斗を外熨斗として付けて贈るところも多いようです。

色々な”のし”の贈り方がありますが、それぞれの行事に合ったきちんとした贈り方で贈りたいですよね。お世話になった方には精いっぱいの感謝の気持ちを伝えたいですね。

スモーク・エースでは大切な熨斗に臨機応変に対応します

スモーク・エースのお中元ギフトではご要望に応じた”のし”にも対応しております。お客様のご要望に応じて”内のし”、”外のし”など臨機応変に対応いたします。

また、”のし”の表書きは達筆なスタッフの手書き熨斗も承っております。1枚1枚丁寧に手書きで送らせていただいております。手書きで送られる方が温かみがあり、気持ちもよく伝えられる気がします。ご注文時にお気軽にお伝えください。

400_351

スモーク・エースのお中元ギフトはさまざまなメディアで紹介されている人気の商品ばかりを詰め合わせたセットになっています。一番お手頃価格で3500円からご紹介しています。どいずれも、”のし”のご希望は無料です

是非一度お中元のページをご覧になってください。大切な方への贈り物には最適おすすめのギフトです。

otyugen2_banner

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る