スペインの味を食卓に。パストラミビーフとヒヨコ豆のスープ


パストラミビーフとヒヨコ豆のスープ

セメチコリアが手に入らなかったので、スパゲッティーを短く折って代用しました。
仕上げにパセリとオリーブオイルを少々かけました。

学生の頃チョットだけスペインでホームステイをしたことがあります。
滞在したのはカルメンの舞台にもなったセビリアという町です。

食事は朝食と昼食が付いていて、夜は自分で自由にというスタイルでした。
朝食はカフェオレとパン。
昼食はパスタや、煮込み料理、週末はチョット豪華にパエリアなどでした。

基本的にスペイン料理はどれも美味しく大好きなのですが、さすがに毎日 となると疲れてきます。

そんな時に出てきたのがヒヨコ豆と生ハム、セメチコリア(お米の形をしたパスタ) のスープでした。

生ハムのダシが出ていたシンプルな塩味のスープとってもでホッとする味でした。
セメチコリアもお米を連想させる形と食感だったからかもしれませんね。

作り方習っておけば良かったのですが、当時はまだ料理に興味が薄くもったいない事
したなぁ~と今つくづく思います。

ヒヨコ豆も入っていたし、パストラミビーフで思い出のスープをつくってみました。

奮発してパストラミビーフを使用した上、パストラミビーフ自身のスパイスも贅沢に
使用されているのでかなりスパイシーな仕上がりになってしまいました(汗)

が、さすがパストラミビーフ!いい味出してますね~。
だんな様には「あったまるネ!」と好評だったのですがちょっと辛過ぎたかなぁ・・・

ワインは頂き物の白にしました。

本日のワイン

Peelinng Reel

オーストラリア 2006 白(辛口)
シャルドネ・ヴィオニエ
ヴィオニエがブレンドされているので まろやかな飲み心地です。
酸味がきつくないので、和食にもあいそうですね。

今日のもう一品

イワシは予めソテーしてあるので臭みもありません!
こんがり焼けたトマトとチーズがソースになってウマイ!!

パストラミビーフ

トップへ戻る