地鶏の炭火焼の美味しい焼き加減は?


鶏炭火焼の焼き加減

炭火焼の美味しい焼き加減は温める程度でOK

通常の炭火焼真空パックタイプは冷たいままでも美味しく召し上がれるように商品開発しています。鶏炭火焼を冷蔵状態から常温に5~6分戻していただくと美味しく召し上がれます。

もちろん温めることも可能です。その場合はテフロン加工のフライパンで軽く2−3分温めていただくのが美味しい焼き加減です。焼き加減の目安は表面にテカリと輝きが出てきた時が炭火焼の美味しい焼き加減になります。

ツヤツヤとした光沢を目印に炭火焼の焼き加減を見ながら調理してください。お肉全体が温まれば出来上がりです。

トースターで焼き加減を見ながら美味しい地鶏の炭火焼

販売している時点でしっかり中まで火が通っているので、炭火焼をオーブントースターで2−3分軽く温めてもいいでしょう。居酒屋で味わえる、鶏炭火焼の美味しい焼き加減を簡単に再現できます。トースターに置きっ放しでよいので簡単です。アルミホイルを下に引いていただくと熱が均一で美味しく召し上がれるでしょう。こちらも表面のテカリが食べ頃です。

あまりトースターで焼きすぎるとお肉が固くなってしまいますので、表面のテカリを目安に、実際に焼き加減を見ながらあっためて頂くと、うまくいくかと思います。

もともと火をしっかり通してあるので、炭火焼の美味しい焼き加減のコツは焼きすぎないこと。味もしっかりついていますので、温め直す感覚で構いません。

sumibi_banner

地鶏炭火焼の焼き加減を調節するならレアーがおすすめ

250_41

よりしっかり、アツアツの炭火焼をお召し上がりたい方は鶏炭火焼レアーがおすすめです。こちらは動画で焼き方を説明してありますので、焼き加減を是非参考にしてください。美味しい鶏炭火焼で最高の晩酌をお楽しみいただければ嬉しいです。

rea_banner

トップへ戻る