お歳暮で喜ばれる贈り物とは?

お歳暮で喜ばれる贈り物

必読。お歳暮で喜ばれる贈り物とは?

年末年始の暮れのご挨拶に最適なお歳暮に喜ばれる贈り物は何だろう?頭を悩ます方も多いのではないでしょうか?私も忘年会の景品に毎年頭を悩ませています。3万円前後の家電の傾向なのですが、お歳暮でも喜ばれにくくなってきているんですよね。お歳暮で喜ばれる贈り物は進化が速すぎて流行が数ヶ月単位で劣化するからです。これは困ります。

恐らく皆さんが辿りついた結論がお歳暮で喜ばれるものはズバリ食品に限る。内祝いは忘年会の二次会、またお歳暮として喜ばれるギフトとして私たちの景品目録ギフトが年々人気を増しています。やはり食品が一番。という答えなのではないかと思っています。

希少価値のあるもの。お歳暮で喜ばれるには?

お歳暮で喜ばれる贈り物の条件として希少価値があるものという点も無視できません。インターネットが珍しい物でなくなった昨今、お歳暮で喜ばれるにはNB商品(メジャーな品)はほとんどアマゾン等でお取り寄せ可能です。

お歳暮で喜ばれるものとは?それは希少性。ご近所で見かけたことのある一般的な製品であれば希少価値が低く、お歳暮で喜ばれる贈り物とは言えない確率が高いですね。いつでも手に入る食品はお歳暮で喜ばれる。とは言い難い世の中になったのではないでしょうか?

形が残らず記憶に残るお歳暮で喜ばれるには?

食品がお歳暮で喜ばれる理由として、形が残らないという点もあります。例えば置物やオブジェなどは好みに大いに左右されますので、好みが合わないものはお歳暮で喜ばれないものリストに降格してしまう恐れがあります。お歳暮で喜ばれる贈り物の傾向は、もらう時は形があるが残らないもの。

そして前に説明した希少なもの。

喜ばれるお歳暮の贈り物>>形の残らない食品>>希少性がある>>流通が少ないメーカー品

喜ばれるお歳暮ギフト

喜ばれるお歳暮はインターネットの便利さに反比例して本物志向の傾向が増しています。ここにしかない美味しさを目指す我々の製品は喜ばれるお歳暮の贈り物として最適ではないでしょうか?そう思っています。

お歳暮で喜ばれる優先順位は「美味しい」のみ

とりあえずお歳暮を喜んで頂きたいから贈る。これは危険です。全国総グルメの日本では、とりあえずの選択のお歳暮では喜ばれる確率は高いとは言い難いですね。

いくら食品といっても、美味しくないものを贈られると迷惑きわまりなく、お歳暮で喜ばれるリストに入ることは決してできません。お歳暮で喜ばれる食品ギフトの絶対条件は「美味しい」に尽きます。当たり前のことですが、お歳暮で喜ばれるより食品として一番大切で尊い部分だと思っています。

こんな美味しいものが世の中にまだあるのか!お歳暮で喜ばれるにはその位のレベルでないと感動は無いのではなかと思います。

美味しいを実現するためには日々の製造の改善と革新と継続が必要になります。一朝一夕に美味しいものを生み出し、維持することは不可能です。お歳暮に喜ばれる食品を工場直送で。世界で一つのスモーカーで丁寧に日々製造しています。

oseibo_2016

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る