素材の味が決め手!ソフトベーコンと舞茸の焼きビーフン

今年既に2回も登場しているメニューがあるのです!!
お正月に、だんな様の叔母さんから教えてもらった焼きビーフンです。

ソフトベーコンと舞茸の焼きビーフン

—————————————————————-

グリューナ・フェルトリーナ・ヒルシュ
オーストリア/カンプタール
白(辛口)
グリューナー・フェルトリナー

ヒルシュはオーストリアワイン 3大名産地のカンプタル地区 を代表する造り手さんです。
化学肥料は使わず、自然に沿った 自身の定義により傷のないブドウ のみ手摘みで収穫するそうです。

とてもさわやかな辛口の白ワインで、 柑橘系の酸味とスパイシーさが 心地よく楽しめます。

—————————————————————-

学校給食の焼きビーフンが苦手だったので、これまで避けていました。
なのでお正月に親族での宴で進められた時はどうしようかとかなり焦りましたが、
今はすっかりファンになってしまいました♪

調味料を使わないので素材の味が決め手となります。
魚貝を使うのが一般的ですが、今日はソフトベーコンと舞茸でパスタ風にしてみました。

盛り付けはいまひとつですが美味しかったです!
なぜか今日は舞茸だ!!と思いました。
直感を信じて大正解♪すごく合います。

何もしていないのでソフトベーコンのスモークの香りがダイレクトにきます。

だんな様にも大変好評だったのですが、自分で味付けをしていないので
チョット複雑な心境。

しかも、ヤングコーンが入っている事を異常に喜んでおりました・・・。

ワインはお正月用にまとめ買いした中からこれを空けました。

珍しくオーストリアのワインです。
オーストラリアのワインは飲むことがあっても、オーストリアはほとんどありません。
印象的なかわいいラベルでいわゆるジャケ買いです。

ソフトベーコン

トップへ戻る