創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

Posts Tagged ‘クリスマス’

2014-10-14

 

■今年で16年目のクリスマスチキン予約開始

早いもので今年で16年目。季節限定クリスマスチキンの季節がやってきた。当時はコスト的にも気合いを入れた袋印刷のパックの在庫も無くなり、バージョンアップすることになった。クリスマスチキンの歳月は私が帰国してからの年月と同じ。もう16年。19歳の時にアメリカの家庭で見たクリスマスのキラキラとした光景。そこのあった温かい料理。惣菜チキンではない、食卓の主役になる骨付きスモークチキンを作りたい。そのような強い信念で毎年販売を重ねて16年目。この季節が来ると、毎年あの日の事を思い出す。

 

■知人、先輩、友人に助けられ。宮崎発全国へ

リセットする為にも毎年書くことにしているのだが、この製品には並々ならぬ想いがある。世界で一番の骨付きスモークチキンを、宮崎から全国へ。サーフボードに乗ったサンタクロース(サーフサンタ)が幸せを乗せて全国を飛び回る。当時まだ一般艇に普及していなかったクール宅急便で全国配送。インターネットはアップロードした瞬間に全国、世界の人が見ている。そんな情熱を持ったものの一切売れず。途方に暮れ、助けてくれたのが親戚と友人達だった。そんな感じで初年度は完売したものの、申し訳ない切なさだけ残った。インターネットでもっと全国の方に召し上がってもらいたい。完売する。まず10年継続を目指す。と心に誓って16年目。当時助けてくれた方々の顔と恩を忘れてはいけないと思いつつ、何とも言えない愛情が込められた限定品。それが、このクリスマスチキン。

 

■国産、南九州産の安心安全な骨付き鶏もも肉を厳選。

毎年起こる食品業界の不祥事。食品自給率の低い日本で海外の原料を使うことが悪いとは決して思わない。しかし、特に海外に工場がある場合、現地の人間と原料の管理が難しく、仕事が困難になる事は容易に想像できる出来事ではないかと思う。私達の工場でさえ日々色々な事が起こる。宮崎は平野だけに鶏肉の環境に恵まれている。自分達の目で吟味した最高級の原料、この製品に関しては南九州産の国産骨付きチキンを丁寧に製造していく。安心安全を確認した上で、自信を持って製造する。それが日本人の豊かなクリスマスの食卓を一つでも多く増やす事に繋がるのではないかと思っている。だから大量生産はできない。その分丁寧に作り、丁寧に販売していきたいと思っている。そして、もっと全国の方々に提供できるだけの製造レベルも上げていきたい。

 

 

xmaschiken2014

 

■創業1983年薫製工房だからできる熟成とスモークの工程

最高級の原料を生かすも殺すも加工の技術に尽きる。創業以来変わらぬ古典的製法でじっくり、すみずみまで味をしみ込ませ、熟成工程に10日ほど費やす。まんべんなく味が染み渡りしっかり熟成するように、前後、上下、左右のつけ替え作業は怠らない。寒い日ともなると、業務用冷蔵庫に寝かしてあるクリスマスチキンの付け替え作業は辛い。しかし丁寧にその作業を繰り返す事で、美味しさが全体にまんべんなく行き渡る。熟成後、スモーク作業に入る。自分たちで作ったオリジナルスモーカーでじっくりゆっくりスモーク仕上げていく。一度スモーカーの扉を開けてしまうと温度が下がりよろしくないので、その日の天候と湿度によりスモークする時間が変わってくる。熟成とスモーク。この部分に圧倒的な時間と手間をかけて仕上げて行く。そこに工場直販、産地直送でしか提供することのできな黄金の味わいが存在している。

 

■まとめ|予約がいっぱいになり次第完売。この季節をお見逃しなく

今年で16年目になる冬の風物詩、300セット限定クリスマスチキン。大切な方への贈り物。クリスマスプレゼント。クリスマスチキン単品を使用した同僚へのプチプレゼント、クリスマスパーティーの景品、業務用食材などなど。年々ご予約さえる用途もバラエティに富んでいます。この季節しか味わうことのできない美味しさををぜひ早めに予約下さい。初めての方はその上品な味わいに驚かれることでしょう。

 

 

blog600_xmas

冬季限定クリスマスチキン>>

 

 


2013-10-14

■私(穴井)と共に歩んできたクリスマスチキン

毎年冬季限定クリスマスチキンの予約がスタートする時にはドキドキする。クリスマスチキンは私のスモーク・エースと共に歩んできた歴史そのもので、サーフボードに乗った「サーフサンタ」がクリスマスの時期に全国を駆け巡るイメージだ。当時はあまり流通も発達していなかったが、クロネコヤマトさんのお蔭でインターネットなどでもいち早くご紹介する事ができるようになった。私にとっては何がなんでも完売しなければならない、冬の大切な製品である。

 

■甘ったるい惣菜では済ましてほしくない。特別の日の為に。

皆様には毎年お伝えしていることかもしれないが、骨付きクリスマスチキンの商品化のキッカケは19歳の時にアメリカの家庭で見たクリスマスの輝く光景だった。豪華な訳ではないが、年に一度のクリスマスをドレスアップしてプレゼントを用意し、ディナーに集まる素敵な光景。そのテーブルの中央、食卓の中心にクリスマスチキンとクリスマスケーキがあった。

 

そんな素敵なクリスマスを再現しようと骨付きチキンをクリスマスイブの日に探したが、甘ったるいソースの惣菜チキンしかなく、むなしい思いをした。その経験からクリスマスがきらびやかな1日になるよう、日本で一番美味しいクリスマスチキンを作ろう。そんな想いから誕生したのが冬季限定クリスマスチキンなのだ。

400_116

 

■全国をサーフボードに乗った”サーフサンタ”が飛び回る。

宮崎発全国へ。当時はインターネットが出始めのころで、今のように全国発送することが当たり前になるなんて思ってもみなかった。実店舗である宮崎空港店では県外のお客様が多かったので、地域密着という考え方より宮崎から全国へという考え方の方が強かった。サーフィンで有名な南国宮崎らしく、サーフボードに乗った「サーフサンタ」をイメージキャラクターにし、宮崎からサーフボードに乗ったサンタさんがクリスマスチキンという幸せを全国にお届けする。そんな想いを込めて毎年この季節=クリスマスチキンの季節が私自身の節目にもなっている大切な企画なのだ。

クリスマスチキンのサーフサンタ

 

■あの時の思がきっかけに。上質な宮崎発を全国にもっとお届けしたい。

chiken

国産(主に宮崎産)の骨付きチキンを10日間あまりじっくり熟成させ、味を隅々まで浸透させる。世界に一つだけの自家製スモーカーの古典的製法でじっくりゆっくりスモークして仕上げていく。冬は燻製品の製造が混雑する為、骨付きクリスマススモークチキンの製造数も売り切れ御免とさせて頂いている。

当初は味には自信があるが販売方法が分からず、知人や友人のお世話になりながらの完売だった。当時助けて頂いた方への御恩は一生忘れない。インターネット販売などで徐々に常連様に浸透していき、いまでは12月を待たずに予約完売するまでの人気企画になった。1年に1度しか食す事のできない冬限定の美味しさと言えるだろう。

 

■まとめ|今年も応援よろしくお願いします!

先日、今年のクリスマスチキンの試食会をスタッフ全員で食してみたのだが最高の出来栄えだった。肉質も安定しており、熟成とスモークの工程で身が引き締まっているため想像したより食べ応えがあるというご意見を多く頂いている。毎年、一歩一歩大切にファンの皆様を増やしていきたい。あのキラキラしたクリスマスの食卓を日本全国で再現して欲しい。今年も完売御礼の報告が出来るように頑張りたいと思う。

 

xmaschiken_banner


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

宮崎名物鶏炭火焼通販の口コミおすすめ人気ランキングNo1。全国で評判の人気ギフトを取り揃えています。誕生日プレゼントや父の日のお取り寄せギフト。ビール、日本酒、焼酎に合うおつまみやおいしい食べ方も掲載。本格チーズ、ベーコン等をご紹介。送られた人もお酒片手にうまい!と舌鼓、間違いなしです。

アーカイブ

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー