創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

Home > 燻製品 > スモークチーズの美味しい食べ方。通販ギフト用に出来立てを!

宮崎地鶏と燻製の専門家

2014-11-17

スモークチーズの美味しい食べ方

 

■お歳暮ギフトには欠かせない定番スモークチーズ

年々お歳暮ギフト選びもお客様のご理解と検索のコツが必要なことについては先日のお歳暮ギフトの記事(→クリック)でお伝えした。ギフトに欠かせない定番人気製品。この時期にフル生産になるのが私達のスモークチーズだ。一口サイズにして欲しい、というお客様のご要望から生まれたのがCubeスモークチーズ(→クリック)で、30個入り、50個入りを社員さんと召し上がる為に定期的に購入される常連様もいらっしゃる。先日お伝えしたコーヒ―のお供として(→クリック)召し上がって頂いているらしい。ギフトや単品のご注文も年末に多くなるので、今の段階でスモークチーズは増産体制だ。

 

■通販ギフト用を中心に出来立てをお届け。ただ今釜出し中。

写真は先程早朝にスモーカーから釜出しをした状態。朝焼けの中で輝くスモークチーズの黄金色が美しい。スモークの旨みのバランスを考えながらゆっくり、じっくりスモークして完成。スモーカーから取り出した状態だ。余熱で四隅がふっくらと膨らんでいのがお分かりだろうか?この状態を「釜出し」と呼び、たまたまいらした来客の方に召し上がって頂くとその味わいに驚かれる。ここから真空パックに詰めて熱殺菌を行う訳だが、この美味しさをご家庭で再現することもできる。

 

■スモークチーズの美味しい食べ方1:そのままスライスで

お客様にスモークチーズの美味しい食べ方は?と実店舗である宮崎空港店やメールなどを多数頂く。簡単にご紹介したいと思う。写真のスモークチーズは焼き立てなのでトロッとしているが、お客様にお届けする状態は「カチッ」としている。まずはスライスしてそのまま召し上がって頂きたい。ワインなどと頂くときにはスライスチーズと一緒にオリーブなどがあれば完璧。急なおもてなしのお酒のつまみとしても最適だ。

 

■スモークチーズの美味しい食べ方2:電子レンジで加熱して

スモークチーズの美味しい食べ方その2は袋ごと電子レンジでチンする方法だ。私も自宅でそのようにして食べる事がよくある。包丁かハサミで袋に切り込みを入れ、空気が抜ける状態にして電子レンジにそのまま加熱する。600wで1分ほどが目安でトロ~ッとした食感が味わう事ができ、お酒のつまみには最高だ。ただ時間が経つと再び固まってくるので、仲間と共にアツアツを食べきる勢いで試してほしいと思う。固まったとしても充分美味しいのでご安心を。クセになってしまう美味しさだ。

 

■スモークチーズの美味しい食べ方3:Cubeスモークチーズはマグカップで簡単ボイル

一サイズのCubeスモークチーズはお湯で温めて召し上がる事をおすすめする。マグカップに熱湯をそそぎ、Cubeスモークチーズを入れて5分ほど置いてみる。写真の釜だしのスモークチーズの美味しさを再現することができるはずだ。ふっくらと食感も優しく、スモークの香りを楽しむ事ができる。Cubeも個別に四隅までスモークしているので(スモーク加減を統一している)正方形の周囲のスモーキーフレーバーを楽しめるはずだ。ストーブの上のポットに入れて、ワイワイしながら食べるのも楽しい。

 

■まとめ|大量買い、一点買いのファンも多いスモークチーズ

クセがなく、どんな料理にも相性が良いスモークチーズは私も常備している万能食材だ。サラダに散らしたり、オーブン料理に加えたり、パスタに加えたり。加えるだけで美味しさに深みが出る逸品。お歳暮ギフトには欠かせない定番人気の秘密は召し上がって頂ければご理解頂けると思う。ご家庭で釜だし、焼き立ての美味しさを是非お試し頂きたい。

 

cheese_banner

 

 

 


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー