創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

Home > 燻製品 > Nutsスモークチキンバーが明確に認知されてきています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

2017-07-14

Nutsスモークチキンバー

ヘルシーで美味しいという新しい軸に挑戦する緊張感

新製品Nutsスモークチキンバーが発売されて2ヶ月半が経過しようとしています。Nutsスモークチキンバーは良質な国産鶏ムネ肉の美味しい部分だけをカット、バータイプにしました。

2本入りですが、今回の対象である「日々を忙しく働く女性」が小腹を満たすことのできる適量を1本70gに設定するまで、1年かけて試食サンプル調査を行ってきました。味の淡白さにコクを出す為ナッツを贅沢にコーティングしています。1本分(70g)でどうしても昼食の時間が取れない日などのエネルギーチャージできるイメージです。
 
Nutsスモークチキンバーはここ数年で商品開発に注力してきた、「ヘルシーで美味しい」という現時点での集大成だと思っています。2ヶ月を過ぎて明らかに出荷量が増えてきました。ギフト需要も大変多く有難いです。

 

Nuts:ハッと目に止まるビジュアルイメージの理想への挑戦

食品は美味しい。が優先事項です。しかし、今回は「日々を忙しく働く女性」をイメージする製品なので、ヘルシーで美味しい+可愛い。スモーク・エースが今まで最も苦手としてきたビジュアル面へのチャレンジが必要と確信していました。
この作業は私達にとても苦悩でデザイナーさんと何度も話し合い訂正を加えてきました。迷宮に入った事もあり、製品が出来ているのにパッケージが完成しないという今までにない状況が起こりました。
 
そして色々な事がありながら完成したのがNutsスモークチキンバーです。発売予定を半年超えてしまいました。ただ衝撃的なデビューのタイミングになりました。

 

運。日経スペシャルでデビューという巡り合わせ

日経スペシャル夢織人でスモーク・エースの取り組みに密着頂いた時期がちょうど新製品が完成した時期と重なりました。最終校正の仮パッケージが届いた日が撮影日と重なり、新商品開発の状況を撮影したいというご要望でNutsスモークチキンバーの最終ミーティングを撮影頂きました。

この製品の初お披露目は日経スペシャルという今までにないタイミングになりました。商品開発から1年を費やしていただけに、運のある製品だなぁ。。。と感激したことをNutsスモークチキンバーを見る度に思い出しますね。

 

まとめ|新商品Nutsをスタッフが買うことは人気の兆候

実店舗(スモーク・エース宮崎空港店)で新商品を発売した時はまず常連様がご祝儀代わりにご購入頂きます。正直なところ反応がとても怖いです。
 
お中元シーズンに向けてネット販売が動き始めました。その勢いが目に見えて売れています。そして販売スタッフが個人的に購入するようになりました。
なんで?と聞くと「単品でもギフトになるから便利」という回答が返ってきました。そうなんです。この製品は単品で成立するように「お土産」から「手土産」へという隠れたテーマがあったんです。

この「手土産」レベルの質の高い製品を凝縮した最高にお洒落で美味しいギフトを完成させることがスモーク・エースの新しい軸。センスのある女性にビジュアル面を指摘され続けて10年ちょい。新しい一歩を踏み出した気持ちです。

 

Nutsスモークチキンバー


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー