創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

Home > 燻製品 > 日テレ満天☆青空レストランお肉部門3位受賞

宮崎地鶏と燻製の専門家

2017-04-24

放映400回記念。8年間の中でお肉部門第3位に

2012年に取材頂いた満天☆青空レストランは人気番組として私も毎週楽しみにしています。宮川大輔さんとチュートリアルのお二人が厨房にお越しになったのがまるで昨日の事のようですが、もう5年前の事なんですね。放映400回記念 春のフルコース決定スペシャルという事で前菜からデザートまでの6ジャンルのベスト3を各々発表するという楽しい企画。その中でなんと、お肉部門でスモーク・エースの鶏いぶし手羽が3位を受賞してしまいました。

aozora
*番組キャプションは友人が送ってくれました。有難うございます。

 

鶏いぶし手羽は玄人好みの力作で度々注目を頂いています。

もともと鶏手羽は鶏肉の中でも通好みの部位です。スモーク・エースの特製ソースでじっくり熟成させ、スモークに至るまでこれほど鶏手羽という部位に時間をかけている製品は世の中にないと思っています。宮川大輔さんが釜出しの鶏いぶし手羽を見ながら「小判のように美しい」というような表現をして頂いた事が深く印象に残っています。確かにスモーカーから釜出ししたての鶏いぶし手羽はため息が出るほどに美しい色をしています。4月6日の日経スペシャル夢織人でも紹介頂きましたし、最近なぜかブレイクしています。

 

人気番組のため大きな反響を頂いています。

満天☆青空レストラン3位受賞ページ>>を用意しました。正味1~2分のご紹介だったようですが、人気番組の為に大きな反響と鶏いぶし手羽のご注文を頂いています。鶏いぶし手羽が定期的に注目を浴びるのは造り手としては嬉しい反面、なぜなんだ!?という不思議な気持ちが正直なところです。徹底的に時間をかけた集大成が絵になるからでしょうか。やはり美味しさに尽きるとは思うのですが。宮崎空港店でも番組を観たという事で大量購入されたお客様もいらっしゃったと報告を受けていますので、プチブームはしばらく続きそうですね。とても嬉しいことです。この機会に是非お召し上がりください。

banner_aozora0422

 


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー