創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

Posts Tagged ‘せせり香草焼’

2012-05-30

■この食感と味わいは鶏炭火焼とは対照的。他に類なきオンリーワン
鶏せせり香草焼はその柔らかい食感と絶妙な洋風の味付けで鶏炭火焼に次ぐ人気商品になっている。鶏炭火焼=男性という印象が強いが、この製品はそのイメージから脱却することが出来た記念すべき一品。まだまだ高い潜在能力を持っている魅力に溢れた作品だと思っている。首の周りの希少な鶏肉の部位「せせり」は運動量が多く、脂が絶妙なバランスで乗っている。驚くほどにジューシーで柔らかいのだ。噛めば噛むほどという宮崎スタイルの鶏炭火焼とは食感も対照的。

■商品開発時にすでにハッキリしたイメージがあった
鶏せせり香草焼とはスモーク・エースの造語で、人物像を限定とまではいかないが、商品開発の段階からおおよその人物像、このような方から支持される商品になったらいいな?という想像がハッキリしていた。自立し始めた一生懸命な女性、週末に白ワインもしくはシャンパンで、洋食器の白ざら(各皿)に盛り付け、水なとレッドオニオンを添え物に、友人が来た場合はサッとパスタに合わせて仲間に取り分ける。そんなイメージを想像しながら「香草焼」という洋のネーミングに最後までこだわった。せせり炭火焼にした方がいい・・という関係者からの強いアイディアもあったのだが、最後まで香草焼というネーミングを押し通して良かった。安易なネーミングに走らず、信念を持ってよかったと実は当時を振り返る事が今でもある。

■2004年8月14日発売,願い通り女性の方の反応が凄かった
お客様がどのような反応をするのか期待と不安で一杯だったことをハッキリ記憶している。イメージカラーは香草の爽やかな緑。店頭に商品が並んだ時、一気に店が華やかになり希望の光が差し込んだようだった。試食を用意し、まず味を知って頂くことに。これはいい!圧倒的に女性の方の反応が良かった。新製品という効果もあったかもしれないが、女性の方に勧められ、男性のお客様もお買い上げになるという嬉しい誤算もあった。あっという間にその日用意していた商品は売り切れとなり、上々のデビュー戦になった。最も安堵したことは、首回りの「せせり」が本来通好みの部位の為、一般の方に受け入れられるか?ということだった。気持ち悪いと誤解されてしまわないか?しかし、お客様は大変聡明で新しい食文化としてスッと受け入れて下さり、心配には及ばなかった。改めて日本人に食に対する意識とレベルの高さを自社商品で体感できた貴重な経験だった。

■お取り寄せの達人、こみやまたみこさんが大絶賛。女性に支持されてきた喜び
2年後の9月、来宮されたお取り寄せの達人が大絶賛して下さるという大きな出会いと喜びがあった。J-waveのラジオや自身のメールマガジンでも取り上げて下さり、年末には女性に人気の「おとりよせネット」さんに推薦品として取り上げて下さった。当時のお取り寄せネットの記事より。美味しいという自信のもと発売はしたものの、せせり香草焼が全国レベルにあるのかどうか想像すらできなかった。そんな時に、女性のカリスマでもあるこみやまたみこ氏に気に入って頂いたという事は、当初から目指してきた「女性に支持してもらえる製品造り」が間違いでなかったことを証明して頂いたようで、スモーク・エースにとって大変嬉しい出来事だった。以来、せせり香草焼は鶏炭火焼に次ぐ圧倒的なナンバー2に君臨し、その存在感を日々増している。

■オンリーワンの理由は製法が燻製工房+鶏炭火焼の両面ということ
せせり香草焼の原料はとてもデリケートだ。慎重に製造しなければ身が裂けてしまう。創業1983年から培ってきた燻製工房の「香ばしさ」、そして鶏炭火焼で培った焼き加減旨みを閉じ込める「ジューシーさ」2つの製法をミックスさせている。試作の段階では煙にまみれながら何度も試行錯誤を繰り返した。せせり香草焼の特性にふさわしいスパイスを数百種類の中から厳選、後味が爽やかというイメージで味を決めた。爽やかなスパークリングワインなどと一緒にゆっくり幸せな時間を過ごして頂きたい。せせり香草焼は全国の方にもっともっと知って頂きたい無限のポテンシャルを持っていると思う。
【商品ページ】鶏せせり香草焼>>


2012-04-26

■宮崎県民の長寿の秘密は鶏肉文化にあると言っても過言ではない?

南九州の食文化、特に宮崎の食文化は鶏料理を古くから好んで食してきました。肥沃な大地で手軽に鶏を肥育しやすい環境にあるというのが一番の要因ですが、宮崎の風土と焼酎を愛する県民性に相性がとても良かったのではないかと思っています。私自身も肉類の中で鶏肉を食べる機会が一番多いです。

■その中でも一番高い、鶏いぶし手羽に多く含まれる栄養素 

栄養価の高い鶏肉には、皮膚の新陳代謝を高め美肌の元となるコラーゲンも豊富に含まれています。一般的なイメージのコラーゲン=美肌効果だけでなく「白内障」や「老眼」、「関節痛」などの予防にも効果がある万能食材だと言われています。鶏肉の中でも手羽に含まれるコラーゲンが一番豊富に含まれていると言われています。その背景を含め、唐揚げや煮込みものに終わらせるのでは無く、じっくり熟成する事で肉質を柔らかくマイルドにした後、じっくりとスモークしていきながら完成したのがスモーク・エースの鶏いぶし手羽です。旨みをスモークで閉じ込める事により、さらに脂分を削ぎ落し凝縮された味わいが実現したのです。

■心地よい食生活に欠かせないメチオニンが肝臓の脂肪を低下させる

鶏肉は高タンパク質低脂肪の代表的な食材なのですが、肉部分にはコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富ということをご存知でしょうか?また、必須アミノ酸であるメチオニンを多く含み、これが肝機能を向上させ肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ役割も果たしているんです。特に鶏手羽部分は大変ゼラチン質が多く、鶏皮や骨、軟骨などと共にコラーゲンがたっぷり含まれています。

■鶏肉は鮮度が命、フレッシュな状態ですばやく熟成が旨さの最初の工程

鶏肉は肉類の中でも鮮度が落ちる速度が最も早く、取り扱いには俊敏な作業が必要になります。人間の健康状態と同じで、見た目、弾力、光沢、血あい(人間で言うウチミがないか?)などフレッシュな国産鶏肉のみを厳選することから鶏いぶし手羽の製品造りがスタートします。栄養面においても、適正温度に設定した清潔な工場内で素早く作業する事に尽きるす。素材を見極め、鶏いぶし手羽になる為に許されたフレッシュな素材は栄養価を閉じ込めた理想の加工品であると確信しています。

■食べて若々しく、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まります。

最近の傾向を見ても、アルコールを大量に摂取する若者が極端に減少してきています。色々な要因はあると思いますが、若さを保つために体重を増やしたくないという理由が挙げられると思います。手羽はもともと低カロリーな食材の上に、スモークして旨さを閉じ込める事で手軽に必要な栄養を摂取する事ができます。ベースとなる和風ソースにも数種類の野菜や果物から出来ているビタミンCの塊(かたまり)。美味しいだけでなく、ヘルシーであることがこれからの食には大切な事ではないかと感じています。

■サッポロビールさんが全国数十社の中から味で厳選した鶏いぶし手羽

2012年2月15日よりサッポロビール共同企画として「鶏いぶし手羽」を選んで頂き、リニューアルしたノンアルコール飲料、プレミアムアルコールフリーのキャンペーン品として選んで頂きました。担当者より全国から数十種類の加工食品を食べ比べした中で選らばんで下さったとお聞きしました。あくまで憶測ですが、プレミアムアルコールフリーに最適な食材の条件の一つに「ヘルシーである」という条件が含まれていたのではないかと思っています。 サッポロビールコラボ特集>>これからもますます注目されるであろう、スモーク・エースの鶏いぶし手羽。時流に合った逸品であることは間違いないと感じています。

teba_banner


2011-10-13

せせる・せせり出すという意味から、業界では、せせりの名称で呼ばれる部位は首回り・ネックの部位になる。鶏肉の運動量が一番多い通好み、一羽から60g程度しかない貴重な部位である。

■香草焼にふさしい数百種類のスパイスの中から厳選
驚く程にジューシーで柔らかいせせり肉を最大限に活かす味付けは試行錯誤を繰り返した。洋風だからと言って、ハーブを混ぜればよいという話しではない。納得できる配合とバランスを納得できるまで何度も何度も試作・実験を繰り返した。偶然も重なり、せせり肉の能力を最大限に引き出す味付けが完成した。

■女性的に支持される製品を夢見て
せせり香草焼は私達が命名した造語で、鶏炭火焼の男性的なイメージと相反する香草をベースにした洋風の味付けを目指した。商品開発の2001年~2003年は明らかに働く女性が社会に定着し始めた時で、30代~50代前半のビジネスで忙しい女性の方の週末の安らぎに・・・というイメージを描きながら商品開発を進めていった

■鶏炭火焼とスモークの技術があったから
ジューシーで柔らかい肉質を最大限に活かすための製法は鶏炭火焼とは全く異なる。せせり肉はとてもデリーケートなので、注意して焼き加減を確認しておかないと全く別物になってしまう。最終的には創業以来の燻製(スモーク)の製法と、鶏炭火焼の製法の中間のイメージで加工することができた。イメージをそのまま形にして製造してイメージ通りの製品が完成したケースだ。

■冷たいままの方がむしろ美味しい。
せせり香草焼の特徴は、むしろ温めない方が美味しいのではないか?という点である。スモークチーズやパストラミと同様に、冷たいままで十分美味しく召し上がれる。という事は料理の素材としても万能ということだ。

■素材としての可能性、レシピコンテストで斬新なアイディア
自分達でいくつかのレシピの紹介はさせて頂いているが、ちょっとサラダに加えたり、チャーハンにしてみ株式会社グリーゼさん主催のレシピコンテストで全国の方々からたくさんのアイディアが篤あった。レシピコンテスト2011年春>>

せせり香草焼

女性に支持される商品開発をしたい! その想いからこの製品が誕生した。

■スモーク・エースの明るい未来
しかし、いざ販売してみると、男性のファンの方も年々増えてきている。。せせり香草焼しか買わない。そんなリピーターの方もいらっしゃる。スモーク・エースの可能性をさらに広げた自信作である。   もっともっと多くの方にこの美味しさを知って頂きたいと思う。


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー