創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

Posts Tagged ‘お歳暮’

2016-11-04

img_1275

■冬のお便り2016が全国に届き始めたようです。

2006年から力を入れ始めたDMも年々バージョンアップしてきました。今年も素敵なラインナップを夏から用意してきましたので、皆様の反応がとても楽しみです。徐々に常連様からクリスマスチキンをはじめとするご予約が入りはじめ、もう届いたのかな?と思いを馳せながら仕込み中です。食と音楽と空間。私達が人生の中で大切にしたい三大要素。一人でも多くの方に師走の忙しい時にゆっくりして頂ける食を提供できればと思っているところです。

■chill outして下さい。

少年誌で人気の漫画を見せてもらう機会があり、面白いと思ったセンテンスから抜粋しました。chill outはスラングでまったりした瞬間に使うクラブ用語だそうです。何か、いいなぁ。と思って。先日スモーク・エース公式フェイスブックページベーコンに関する記事でも紹介しましたが、朝食を大切にすると一日の生活がスムーズにスタートする。というお子様の写真を紹介して下さったお客様がいらっしゃいました。まさにchill outしている笑顔です。これは今年の私のテーマでもあります。なので通常はアルコール控えめを心がけ、健康的な生活(食・運動・睡眠)を心がけています。

■共働きは食事の協力が必須

年末忙しいときは食事が疎かになりがちです。特に共働きの場合は物理的に凝った食事を用意することは無理ですよね。かと言ってコンビニ食はあまりに侘しすぎる。新鮮な野菜とスープ、良質なお肉、少量の炭水化物。バランスを重視し、凝った料理はできないが栄養は考えたい。夫婦で12月の献立を真剣に考えているところです。つくりおき、スモーク・エースのベーコン等の燻製品を弁当の一品にする。など、独自のルールを考えています。凝った食事は放棄し、シンプルな栄養に特化する。良質な加工品はホント助かりますよ。

 

oseibo_2016


2014-11-11

■宮崎産最高級の豚肉で作るハムは冬にぴったり

美しい断面を見た瞬間に笑顔がこぼれる。冬のスモーク製品と言えばハムを外すことはできないだろう。ハムソーセージの世界は奥深く、ありとあらゆるバリュエーションが存在する。スモーク・エースのロースハムは肉そのものの持つ旨み+手作業かつ古典的製法でじっくり数回にわたる熟成を経てスモークをかけた極上ロースハム。宮崎県産の最高級豚ロース肉を使用している。畜産王国宮崎の養豚農家さんが大切に育てた極上品だ。

 

■ハムの人。やっぱり年末の贈り物に格好がいい

日本の年末の贈答品の1つとしてハムは欠かせない。スモークは本来、樹脂性や芳香性のある木材、種子、あるいはローズマリーなどの芳香性のある植物を燃やし生じる煙を肉に染み込ませる方法だった。この加工法で肉は乾燥し、表面はバクテリアの繁殖を防止する保存食であり、ヨーロッパ民族は非常に重宝した。保存方法と流通が発達した現代は、いかに美味しく食としてのスモークを極めるか。そうして発達してきた。ヨーロッパ流、ドイツ式など色々な製法があるが、スモーク・エースの一貫したコンセプトは「日本人が日本で食べて一番うまいハム」だということ。

 

ham

 

■食卓の主役はロースハムステーキに決まり

ハムはローストしたり、グリル、ブレゼ、あるいはボイルしても良い。写真はそのままスライスしたスモークロースハム。断面が大変美しい。しっかり火を通してあるので、そのまま召し上がって頂きたい。添加物も食品衛生法に準ずる最低限しか使用していないため「冷たいままでもしっかり美味しい」。軽くグリルするのもおすすめ。上品にしっかり味付けしているので調味料は一切使用しないで欲しい。以前ご紹介したサワークリームを少しつけながら召し上がるのも酸味が楽しくおすすめだ。

 

■世界に一つだけ。自作のオリジナルスモーカーで製造

ロースハムの魅力はその美しさにある。燻製工房スモーク・エースの原点は大草原の小さな家。この話はまた後日に。私達の製品の要であるスモーカー(燻製機)は海外産ではない。自分達の理想のスモーク製法を追求し、試行錯誤の末に生まれた自作だ。大草原の小さな家みたく、古典的製法でじっくりゆっくりスモークしていく。10日以上熟成させた肉の塊が徐々に徐々に黄金の輝きを帯びてロースハムに変化していく姿は圧巻だ。ちなみに冬場の熟成工程は辛い。手が痺れながらも、まんべんなく熟成するように上下左右をつけかえていく。手造り燻製工房のロースハムをじっくりゆっくり味わって欲しい。

 

■まとめ|300g前後のブロックハムを楽しんでほしい

職人の手作業で肉を締めながらハムが完成していく。人間の食への執念がが生み出した美しいハムという食材。大手メーカ-さんと違うのは、じっくり低添加物で丁寧に手造りしていること。完成までに時間がかかること。大量生産できないこと。圧倒的に需要が多い冬の季節に欠かせない本格手造りスモークハム。繊細な旨さを気に入って頂ければこれほど嬉しいことはない。

 

 

oseibo2015

【お歳暮人気】燻製工房のロースハム>>

 


2014-10-15

400_23

■お歳暮に何を贈ればいいか分からない。

台風が過ぎ、今日は肌寒い朝を迎えた。11月初旬の気温だそうだ。北国の友人は本格的な冬の到来を感じているようだ。そんなことをFacebookなどのSNSと呼ばれる情報でリアルタイムに知る事のできる時代だ。そういう意味ではこの10年、私達を取り巻く環境は激変した。私達もFacebookページを開設しており、リアルタイムに情報を流すように心がけている(スモークエース公式Facebookページ)ただ、ここ数年情報が溢れ過ぎて「本物は何なのか」分からなくなってきている方も多いのではないだろうか。私自身も情報の時代から直感力の時代に移行しはじめた気がしてならない。お歳暮は日頃の感謝の気持ち,これからのお付き合いをより円滑にする大切な文化だと思っている。珍しいお歳暮を贈りたい。だが、何を贈れば良いか分からない。そのような方に是非スモーク・エースのお歳暮を見てほしいと思う。

 

■その土地で一番支持され続けているものを贈る=珍しい

私も県外に出張に行く際はお土産選びに迷う。ただ最近は、信用できる食品関係の友人に「地元の人に一番支持されているお土産は何?」と聞くようにしている。味覚の鋭い友人は年配のご主人が1人で営まれているお店などを薦めてもらうことが多い。間違いなく美味しい。ただ、お取り寄せなどすることができない場合が多く、お歳暮ギフトなどに使うことを断念することがある。

 

小規模な老舗の通販やネット販売が充実していると大変得した気持ちになる。私達はここ10年間でネット販売がスムーズにできる環境に改善してきたつもりだ。宮崎に工場があり、宮崎に店舗があり、地元の方にも親しまれてきたから今がある。こちらをご覧頂きたい→鶏炭火焼誕生物語(→クリック)。百貨店では手に入らない、その土地の一番人気、珍しいお歳暮ギフトをお考えの方。スモーク・エースにお任せ下さい。

 

■シーンに合わせ、相手の気持ちを考えてギフトを提案

ここ数年の私達の課題として、家族のあり方(家族構成)が多様化したため、お歳暮の贈り手も贈る相手の生活背景を考えながら贈る必要が出てきたということ。儀式、形式だけで贈っても本当の意味で心に響かない。そのような事を考え、今年はシーンに合わせたお歳暮ギフトを提案している。例えばお子様が小さい家庭にはスモークチーズinマイルドウィンナー(←クリック),たまご薫製などと一緒に詰め合わせ、家族それぞれが楽しめるように構成している。年末年始の来客が多い、おもてなしをしなければいけないご家族の為にはそのままお酒の一品になる、鶏炭火焼(←クリック)せせり香草焼(←クリック)スパイシーパストラミビーフ(←クリック)などの素早く前菜になる便利な製品を詰め合わせている。一見考えてないように見えるが、スタッフ全員で激論しながら決定したお歳暮ギフトのラインナップだ。

 

party

 

■全て自分たちで考え、32年の間に製品数を増やしてきた。

前回も触れたが、安心安全とは信頼する人(会社)から購入することだと思う。海外に工場を持つのもいいかもしれない。ただその土地で想定される衛生環境の徹底と人材教育などを考えると、スモーク・エースの今の品質をご提供できるか自信はない。なので、あくまでも宮崎に工場(本拠地を持ち)一番美味しい状況でお客様に製品を届けたいという気持ちが正直なところ。だから私達にとってインターネットや電話注文を頂きクール宅急便でお客様の玄関までお届けできることがベストだと考えている。私達の想い(←クリック)。もっと多くの方に知って欲しい。工場直送でお客様が「スモーク・エースさんのお歳暮喜ばれたよ」と言って下さるギフトを贈りたい。1つ1つの製品に最低、2年の商品開発の時間を費やし今まで大切に育ててきた自社製品。美味しいの一言ですべてが報われる。

 

■まとめ|創業1983年、宮崎地鶏と薫製専門店スモーク・エース

これからも1つ1つ丁寧に製品が増えていくと思う。今年のお歳暮ギフトも新しい味が加わりさらに充実の12ギフトになった。後に紹介するが、究極の最高級ギフトもご紹介する予定だ。変わらずに進化する美味しさ。珍しいお歳暮をお探しの方は、ネット検索で価格が比べられる製品ではない。情報過多な現代社会の中で正しい判断が必要になってきていると強く感じる。

oseibo_2016

 

スモーク・エースのお歳暮ギフト>>

 

 


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー