創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

Home > スモークエースの経営方針 > 年末に入る前に知って欲しい事まとめ

宮崎地鶏と燻製の専門家

2017-11-02

oseibo2017 

毎年紆余曲折ある年末

10月末に年末のDM(ダイレクトメール)をお得意様に発送したので、そろそろ届いたという方も多いのではないでしょうか?早速企業様などからお歳暮ギフトの注文が入りはじめ、発送スペースに発送用の冷蔵庫が入りました。オリジナル簡易包装も本格化し、どのように年末年始を乗り切っていくか?ピリッとした空気が漂いはじめました。

先月配信したメルマガのバックナンバーをご紹介

年末に入る前に毎年しようと思ってもできなかったのが年末年始の製品に関する想いのダイジェストです。燻製工房にとっては一番忙しい季節で、様々な製造に追われています。そろぞれに伝えたいことがあるのですが、なかなかブログも更新できませんでした。クリスマスチキンも来年で20周年、12月1日で創業20周年を迎えるということで、スモーク・エースも原点回帰しなければいけない時期にきています。

【別冊】すみいち通信Vol.1

仕事の優先事項に集中する

人・製品・会社の在り方。私達の要はやはり製品造りという事に行き着きます。私達の規模にしか出来ない事、物理的に無理なこと(最重要ではない事)を優先順位を大切にしながら、1日のスケジュールを決めていかなければと思っています。駆け足で仕事をしながら、いかに実力を積み重ねていくか。働き方改革などの表現では片付けることができず、しっくりきません。いつも会社で言うことですが、いい人間が造り、いい人間が伝え、いい人間に広めてもらう。この連鎖が私の喜び=生きがいに返ってくると思っています。

人材とは

嬉しいことがありました。18歳から10年間勤務し、結婚退社後に3児の母としてたくましく成長した元社員が年末に手伝ってくれることになりました。旦那さんと子供を支えながら一生懸命に生きてきた姿は、眩しかったですね。そのように育児などを理解しながら本格的な復帰まで気長に待つこといいことがある。その辺りの空気感を持った人材が復帰する事ほど有り難いことはありません。いきなりウィンナーの製造に入ってましたから。自分たちの専門外の事はプロの力を借りながら、私達にしか出来ない事に集中する。そのような時代の流れを感じています。

 

Nutsスモークチキンバー


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー