創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

‘宮崎空港店’ の記事一覧

2018-07-27

2018年7月20日ついにお披露目となりました

年明けから約6か月間の仮店舗営業を終え、無事に新店舗の営業をスタートすることが出来ました。まず、かなりの数の話し合いを重ねながら対応して下さった宮崎空港ビルの方々に御礼申し上げます。

スモークエース宮崎空港直営店

そして新店舗のプロジェクトに関わって頂いたデザイナーさんを始めとする各クリエーターの方々。当社の意図も汲んでくれた施工会社の方々。特に仮店舗営業の間はストレスを抱えていたであろう当販売スタッフ。お疲れさまでした。そして有難うございます。

 

場所はエスカレーターを昇って一番目立つ場所(旧西売店)

場所は宮崎空港で一番賑わいが多いとされている、エスカレーターを昇って左正面。スモーク・エースのロゴと実演販売の炎が目印です。炎に吸い込まれるようにリピーターの方はもちろん、初めてのお客様も続々とご来店、ご購入されました。

新店舗で伝えたかったのは「老舗である」という歴史とチャレンジスピリッツです。お土産を買う時「やっぱり地元の老舗でちゃんとしたところから買いたい」というニーズに応えたい。宮崎県民も胸を張って知り合いに渡せる手土産品の域に達したい。という気持ちでした。

 

店舗の内装の他、ロゴと制服も一新。一大事業でした。

創業以来、スモーク・エースのロゴを刷新すると決心しました。20年前と比べて表現方法も劇的に変化してきたからです。スモーク・エースの精神を受け継ぐコーポレートロゴを作成するなら今(オープンの時期)しかない。販売スタッフの制服も一新しました。どこから切ってもスモーク・エース。金太郎飴のような店舗を目指しました。

どのようなお客様の反応になるのか。かなり不安でしたが、オープンしてみるとまず常連様から多くのお褒めの言葉を頂きました。そして現場のスタッフの方々からもいいね!と声をかけて頂けて安堵しました。何より当スタッフが生き生きしています。新しい店舗が正しかったことの何よりの証ではないでしょうか。とりあえず良かった。勝負はこれからです。

 

ブーム終息から10年。1番美味しい味をお客様はまだまだ知らない。

2008年の宮崎県前知事による宮崎ブームの終息からちょうど10年が経ちました。今回の宮崎空港店のリニューアルも「本当に宮崎の美味しいものを揃えよう」という宮崎空港さんの強い意向を感じます。私の大好きな和菓子の老舗水野屋さんも初出店です。接客してみて、まだ私達の製品の存在を知らない方が多い事に驚きました。逆に言うとまだまだ伝えていくことができるのではないか。全力でいい製品を造り、伝えていきたいと思います。

実演の炎とオーブンの回転(NEW)は、ライブ感がある。数名のお客様からお褒めの言葉を頂きました。アツアツを召し上がった時のお客様の美味しい驚きの顔が大好きです。ほんとうに幸せオーラ全開なので。

 

人気爆発。新製品オリエンタルハーブ焼

2018年7月20日にお披露目した新製品、鶏オリエンタルハーブ焼。職人不足により限定販売になった鶏せせり香草焼のパッケージリニューアルに合わせ新発売しました。商品ページはまだ追いついていないのですが、近日中にインターネットでも販売開始できるように致します。

オリエンタルハーブ焼はその名の通り、刺激的なスパイスで淡白ローカロリーな部位を独自の製法で焼き上げた新作です。鶏せせり香草焼きの姉妹品(鶏せせり香草焼がそもそも女性を意識した製品だったので)としました。

造り手にとっては、かなり際どい味付けにしたつもりです。試食販売を積極的に行った結果、人気爆発しています。慌てて製造増産しているところです。この日に合わせて新製品を出せた事がとても嬉しく、お客様の反応に安堵しました。

 

当スタッフがみんな笑顔で来店してくれました。

今回のリニューアルは社内では社長がなんかしてる。忙しそうだ。ぐらいにしか製造スタッフは感じる事ができなかったのが実際のところだと思います。朝のミーティングの際に是非見に来てください。と伝えたところ、全員来てくれました。

自分達がひたむきに製造した製品が、綺麗な新店舗で立派に陳列されている。そしてお客様が次々に購入される。その姿を見てみんな笑顔になっていました。

いつもミーティングで言う事があります。いい人間が作り、いい人間が売り、いい人間が広める。製造側は妥協しない製品を造り続けよう。創業から変わる事のない姿勢が今回のリニューアルに表れている気がしています。

 

初めての経験。お店が素敵な花であふれる

全国からオープン祝いの花が届きました。胡蝶蘭なんてもらう機会すらなかったので、改めて花っていいなぁ。と忙しさの中で癒されました。なんかオープンらしくて気が引き締まりました。有難うございます。

新潟の友人である水野さんからスモーク・エース新ロゴを入れたスプーンとフォークのお祝いを頂きました。磨き職人という文化が新潟にはあり、職人直々にロゴ入れして頂き恐縮&ものすごくうれしいです。

こちらも新潟の友人である小川さんからスモーク・エース新ロゴを入れた料理包丁が届きました。これは嬉しい。新潟の包丁はスカッとする切れ味と美しさを兼ね備えてます。有難うございます。

 

今からが勝負です。会社一体で頑張ります。

無事にリニューアルオープンが出来ましたが、スモーク・エース第二章がスタートしたに過ぎません。私は製品開発に戻りたいと思います。興奮の中で、8月のお盆シーズンは新店舗で私も接客したいと思います。

 

 


2018-06-26

宮崎空港直営店(仮店舗)は宮崎空港2Fのエレベーターを上がって左手にあります

2018年7月20日にリニューアルする新店舗の工事も大詰めになり、最後の仮店舗移動を昨晩行いました。以前の場所より見つけやすくなったのではないでしょうか?

引き続き、実演コーナーは7月までのお楽しみですが、アツアツのレアをご提供するミニコーナーを設置しています。お店の後ろで

 

2018年最後の仮店舗までの場所です。

*宮崎空港ビル様のHPよりスクリーンショットしました

2018年7月20日いよいよリニューアルオープンです

仮店舗の営業はあと少しです。新店舗も急ピッチで完成に近付いています。よりパワーアップして皆様を接客させて頂きたいと思います。

 

 


2018-01-17

スモーク・エース直営店(日向屋売店)の営業が終了

20年間(365日)営業をしてきたスモーク・エース直営店(日向屋売店)がクローズされました。宮崎空港全体が7月中旬を目途に大リニューアルするからです。時系列でご紹介したいと思います。

立ち上げスタッフと記念撮影

003

営業最終日、閉店間際に立ち上げから一緒に頑張ってくれた中山さん、田代さんと記念撮影。様々な困難と喜びの昔話に花が咲き、日向夏酎ハイをプレゼント。飲みながら、しんみりした気持ちが止まらない夜でした。

 

実演販売で本物を実証してきたつもりです

002

この場所で炎を上げて実演販売し、全国の空港でもスモーカーを入れたのは初のはずです。色々なお客様やスタッフ同士のドラマがありましたが、振り返ると喜びの方が多いことを実感しました。美味い!という言葉を数千回(推定)頂いてきたからだと思います。

 

冷蔵庫1台でたくさんのお客様にご愛顧頂きました

004

新店舗は冷蔵庫が2台になります。この冷蔵庫1台が20年間大活躍してくれました。素人なりにデザインを考えながら実験検証してきました。新しい時代にはより洗練された店作りを目指しています。

 

2018年1月16日をもって東売店の営業が終了。

001

シャッターが閉まり、静寂が流れています。なんとも言えず感慨深い光景です。空港スタッフの方には本当にお世話になりました。

 

これから1: 1Fオアシス広場で営業2018年1月17日〜1月28日

005

10日余りですが1階の正面オアシス広場で仮営業をします。一緒に営業してきた会社が集まり、各々複雑な想いを秘めながら営業中です。

 

これから2: 2F現在の書籍コーナーで営業2018年1月29日〜7月中旬を予定

007

それからリニューアルまで、仮店舗で営業になります。7月までの約5ヶ月強の間です。仮店舗の看板はとにかく今までのお客様が見つけやすいように、1番人気の鶏炭火焼を目印にした看板にします。

 

2018年7月中旬以降に現在の西売店にリニューアル移転します。

*宮崎空港ビル様のHPよりスクリーンショットしました

floor-map2

しばらくの間、仮店舗が続きお客様に不自由をかけますが2018年7月中旬以降(予定)に一番人通りが多いとされている西売店(エレベーターを昇って左手)に移転、完全リニューアルオープンします。私達の会社の歴史の中でも大きな意味を持つリニューアル作業に今年は全力で取り組みます。オープンを楽しみにして下さい。

 

最後に。お客様と宮崎空港ビルと当スタッフに深く感謝します。

私が宮崎に戻った歴史そのものが宮崎空港直営店です。無知な私に色々と指導して下さりここまで営業してこれました。宮崎の老舗になって欲しい。という宮崎空港さんの期待に応えるように、唯一無二の製品と接客を目指したいと思います。明らかなスモーク・エースの第二章。しっかり生きたいと思います。

 

 


2013-05-06

 

■今年のゴールデンウィークの接客から感じること

九州内でもここ数年は劇的な変化が起こっている。九州新幹線の開通により福岡→熊本→鹿児島が繋がった。客観的に見てもこれほど便利なものはない。本格的に陸の孤島になりつつある宮崎県だが、清潔感溢れ、人も穏やかで何より食べ物が美味い。

 

一番外さないのは魚介類や肉類などを現地で調達してBBQで頂く事だと思う。素敵な観光地だと思う。もっと知って欲しい。今年は円安の影響もあり国内旅行が多種多様に賑わっている感じを受ける。10年前のお客様と比べても全く雰囲気が変わってきている。今年のGWで感じた事を忘れないうちに書いておこうと思う。

 

■お土産もあらかじめ「下調べ」できる時代。

スマートフォンの登場で「検索」という行為は特別なものではなくなった。搭乗前にその土地の事を調べ、何が本当に美味しいか?本物なのか?高い水準の判断基準をあらかじめ用意されて見知らぬ土地を訪れている。驚いたのは、年配の方だけではなく結構若い方がHPの情報をプリントアウトされてスモーク・エース宮崎空港店にご来店なさっていたという事だ。宮崎にいらっしゃる前に「どの製品が支持されているか?できるか?」という事を下調べされて失敗しないようにしているのだ。

 

■全国どこにいても、現地の実態調査をする事ができる

お客様は聡明になり、パッケージや陳列やキャッチコピーだけで判断していないと思う。情報が豊富になったこともあり、食品における判断基準の在り方がより厳しく(といっても私達にとっては当然だと思う事)把握された上で購入されている事を強く実感する。私達にとっては「もっと実態を知って!」そう思いながらこのブログでも情報発信しているのだが。モノが溢れている中で、お客様が製品へ確信に至るまでの判断材料が変化してきているのではないかと思う。

 

 

 

■メーカー品か?業者委託品か?

かつては職業柄だった裏表示を見て製造元をチェックするという行動。他県に行ってメーカーと製造元が違う製品と知らないとガックリすることがある。一番信頼おけるのは知り合いのメーカーさん、および現地の方からのアドバイスで購入することがほとんどだが、最近はお客様もキチンとその辺りをチェックされるようになってきた。

 

パッケージを見ただけでは紛らわしく、私もHPや接客の中で商品開発から発送まで「自社製品です」という説明を疑問を感じながらしなければならなくならない。試行錯誤の末に誕生した製品には様々な想いが詰まっている。どうせなら作り手から直接買いたい。そのような時代なので、私達も説明しなければ他と同じになってしまうのだ。

 

■継続しているか。歴史はあるか?ほんとにそこで製造しているか?

スタッフや私にいつもメルマガ読んでます。ブログ読んでます。と言われることも多くなってきた。会社の上司に地元で一番美味しいお店で買ってきて。と言われてスモーク・エースに辿り着いたという有難い言葉を頂いた。

 

前回宮崎に来た時に宮崎地鶏炭火焼を購入し会社の仲間に配ったところ、大好評で会社の中での株が上がったんですよ。笑顔でそう話してくれて嬉しかった。お土産はセンスが問われるので。私達の製品によって会社の空気が変わったのはとても嬉しい。HPで見ただけでなく、本当にその場所で継続している美味しさなのか?歴史はあるのか?お客様は確認されているのだと思う。お店があってインターネットを紹介という時代から、インターネットを見て実店舗を楽しむ。大きな変化だと思うし、情報発信をしておいて良かったと心底思ったGWだった

 

 

【商品ページ】スモーク・エースの鶏炭火焼(→クリック)

 

 


2012-06-06

■朝6:30から20:15分まで365日営業中
スモーク・エースの歴史は宮崎空港さんと共に歩んできたと言っても過言ではない。宮崎地鶏炭火焼の真空パックタイプを初めて開発した時もスタートは宮崎空港での販売だった。13年前のリニューアルの日、私達は直営店として365日宮崎空港店で営業をスタートすることになった。   【スモーク・エースの商品取扱い場所】  1.宮崎空港1F売店 ・・・搭乗待合室正面奥 2.宮崎空港2F直営店 ・・・1Fエスカレーター上り、右手奥。 3.搭乗待合室内売店 ・・・軽食コーナーの一角にあります。   }

■実演販売はいつも黒山の人だかり
宮崎空港店舗の一番のメリットは実演販売でアツアツの鶏炭火焼レアーやベーコンなどを試食できるということだ。鶏炭火焼レアに関してはもともとご家庭で温めて召し上がる事を前提にした製品なので、ワンランク上の美味しさの意味が食してみると納得できると思う。

■お客様の声プジェクトを実行中
宮崎空港店で3年前から取り組んでいる取り組みは「お客様との出会いを形に残す」というもの。何がいいか検討した結果、ポラロイド写真にコメントを残してもらい「スモーク・エースのサポーター」になってもらうこと。イメージとしてサッカーのヒーローインタビューで後ろにボードに映るスポンサーのロゴ。お客様のポラロイドはスポンサーではく、サポーターだけども。何気ない日常でもポラロイドにコメントを頂くだけで、空の玄関口である宮崎空港で連日新しい出会いがある事実に驚かされる。素晴らしい出会いの場所に直営店があることは幸せでならない。   【スモーク・エース宮崎空港店】 〒880-0912 宮崎市大字赤江宮崎空港内 宮崎空港ビル2Fひむか屋売店 OPEN:6:30AM CLOSE:20:15PM 365日営業しています
【商品ページ】スモーク・エース宮崎空港店


2012-05-25

■宮崎のお土産ランキング
年間250万人が行き交う空の玄関口、宮崎空港。飛行機の搭乗を待つ短い時間い旅行やビジネスマンが足を止め、買い求める『宮崎土産』を宮日さんに特集して頂いた。スモーク・エースが見事1位ということだ。空の玄関、宮崎空港さんに直営店を持たせて頂いて13年。常連様も多い。感謝の気持ちしかない。

 ■記事より抜粋
第一位はやはり「鶏炭火焼」消費者に選ばれたのは高級感のある黒とゴールドのパッケージでなじみ深い1983年創業の「スモーク・エース」(宮崎市)の商品。空港ビルによると販売実績が長いため固定ファンが多く付いているのが理由なのではないかという。

■記事より抜粋2
同店スタッフによると、ほかにも「せせり香草焼」「いぶし手羽」が人気商品。2階店舗では購入客一組一組をポラロイドカメラで撮影し、店舗前に張り出したり、自社ホームページに掲載するサービスを行っており、購入客の思い出作りに一役買っている面も1位の理由にあるようだ。
【商品ページ】お客様の声プロジェクト>>


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

宮崎名物鶏炭火焼通販の口コミおすすめ人気ランキングNo1。全国で評判の人気ギフトを取り揃えています。誕生日プレゼントや父の日のお取り寄せギフト。ビール、日本酒、焼酎に合うおつまみやおいしい食べ方も掲載。本格チーズ、ベーコン等をご紹介。送られた人もお酒片手にうまい!と舌鼓、間違いなしです。

アーカイブ

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー