創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

Home > 燻製品 > うまうまチキンロール宮崎空港直営店に登場(再登場)

宮崎地鶏と燻製の専門家

2012-06-01

■宮崎空港直営店に登場
実は昨年末にうまうまチキンロールはモニター様のご意見を経て、実店舗でも販売したのですが、訳あって売場から撤退させていました。なぜなら、パッケージがあまりにも貧素(透明の真空パックに商品ラベルのみ)だった為、お客様目線で見た時に「これは、いけない」と思い、その場で撤収を決めた。せっかく味には自信があるのに・・・パッケージングを含め一時休眠させることにした。

■商品を寝かせるケース
パッケージに関しては今回が初めてだが、似たようなケースは実は過去にもある。今話題の鶏せせりガーリックフランクは当初「ガーリックフランク」で美味しいには美味しいのだが今いちパッとしなかった。販売も芳しくなかった為に、一度休眠させて考える事にした。ちょうど鶏せせり香草焼を開発中で「せせり」という魅力的な部位に出会ったこと、ドイツに行く機会があり、屋台で食べたビールとピリ辛フランクを食べた思い出が強烈で、大人が楽しめるフランクを作りたいと思ったこと。ガーリックフランクは鶏せせりガーリックフランクとして生まれ変わった。一度発売した製品でも改善点があれば「一度寝かせてみる」と新しいアイディアが生まれていい製品になる事が多い。

■その間に日本百選にも選ばれた
パッケージを見直している間に、うまうまチキンロールが日本の良品100ジャンルを応援するという「日本百選」に選ばれた。パッケージも高級感あるゴールドとブラウンのオリジナルが出来あがってきた。認定シールを付けてみると赤色が紅一点で迫力が出た。その認定シールを貼って、先日宮崎空港店でも再登場させる運びとなった。店頭に並んでいる姿も華やかで魅力的になったと思う。

■内容量を増量、価格を値下げ
その間に進化した事がある。製造工程を見直し、製造時間が大幅に短縮し製品の品質が格段に上がった。色々な工夫が上手く行った為、その時間分を内容量増量、価格を値下げと還元リニューアルした840円(100g)→735円(120g)。ボリューム感もたっぷりで食べ応えもある。製造能力も上がったので身もプリプリに引き締まっている。鶏ムネ肉を使用しているとは思えないジューシーかつヘルシーさがこの製品の特徴だ。
【商品ページ】うまうまチキンロール>>


【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

宮崎名物鶏炭火焼通販の口コミおすすめ人気ランキングNo1。全国で評判の人気ギフトを取り揃えています。誕生日プレゼントや父の日のお取り寄せギフト。ビール、日本酒、焼酎に合うおつまみやおいしい食べ方も掲載。本格チーズ、ベーコン等をご紹介。送られた人もお酒片手にうまい!と舌鼓、間違いなしです。

アーカイブ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー