創業1983年、宮崎地鶏と燻製専門店スモーク・エースの経営者、穴井浩児が日々の取り組みや業務を通して、考え方や皆さんに知って欲しい事などを発信するブログです。私達は1983年に自分達の食べたいものを作るというコンセプトのもと美味しいと納得したオリジナル商品をお客様にお届けしている食品メーカーです。 広範囲の販売を重視すれば加工の工程で過度な水分除去や添加物は必然となります。私達は美味しさを重視し、自分達のお届けできる範囲でユニークで美味しい食の提案を今からも、そしてこれからも続けていきたいと思っています。このブログを通して日々感じる想いを発信できればと思っています。

宮崎地鶏と燻製の専門家

2016-11-04

img_1275

■冬のお便り2016が全国に届き始めたようです。

2006年から力を入れ始めたDMも年々バージョンアップしてきました。今年も素敵なラインナップを夏から用意してきましたので、皆様の反応がとても楽しみです。徐々に常連様からクリスマスチキンをはじめとするご予約が入りはじめ、もう届いたのかな?と思いを馳せながら仕込み中です。食と音楽と空間。私達が人生の中で大切にしたい三大要素。一人でも多くの方に師走の忙しい時にゆっくりして頂ける食を提供できればと思っているところです。

■chill outして下さい。

少年誌で人気の漫画を見せてもらう機会があり、面白いと思ったセンテンスから抜粋しました。chill outはスラングでまったりした瞬間に使うクラブ用語だそうです。何か、いいなぁ。と思って。先日スモーク・エース公式フェイスブックページベーコンに関する記事でも紹介しましたが、朝食を大切にすると一日の生活がスムーズにスタートする。というお子様の写真を紹介して下さったお客様がいらっしゃいました。まさにchill outしている笑顔です。これは今年の私のテーマでもあります。なので通常はアルコール控えめを心がけ、健康的な生活(食・運動・睡眠)を心がけています。

■共働きは食事の協力が必須

年末忙しいときは食事が疎かになりがちです。特に共働きの場合は物理的に凝った食事を用意することは無理ですよね。かと言ってコンビニ食はあまりに侘しすぎる。新鮮な野菜とスープ、良質なお肉、少量の炭水化物。バランスを重視し、凝った料理はできないが栄養は考えたい。夫婦で12月の献立を真剣に考えているところです。つくりおき、スモーク・エースのベーコン等の燻製品を弁当の一品にする。など、独自のルールを考えています。凝った食事は放棄し、シンプルな栄養に特化する。良質な加工品はホント助かりますよ。

 

oseibo_2016


2016-11-01

料理上手でレシピ撮影に興味のある方をお待ちしています

手造り燻製工房スモーク・エースでは私達の製品を使用したレシピの提案を
Webや紙媒体上で行っています。簡単なレシピを現場で作って下さり、
撮影の補助をして下さるスタッフを募集しています。
スモーク・エースの会社概要>>

<<内容>>
ph_kitchen09_2
*レシピ撮影のイメージになります。

1.限定3ヶ月(能力により延長をお願いする可能性前提です。)
2.レシピはこちらで提案(貴方からのアイディアご提案も将来的に歓迎)
3.食材はこちらでご用意します。(将来的には買い出しもお願いするかもしれません)
4.週に1回~2回、お好きな曜日、時間帯(相談による)で3-4時間程度(3レシピほど)
5.テーブルに1皿分のレシピを並べ撮影します(撮影はこちらでします)  
6.料理の腕前を知る材料として、スマホ撮影した料理撮影などをプリントアウト
もしくは料理写真をまとめたURLを履歴書にご記入下さい。面接の際に拝見いたします。

▼レシピのイメージは下記をご参照ください

kanban_recipe
https://www.smokeace.jp/recipeworld

複雑な料理ではありません。単品料理を撮影用に盛り付けるまでが仕事です。
将来的にはレシピ作りに参加してもらえる、前向きな方を探しています。

料理経験のある主婦(料理が好きな方)、調理経験はあるが腕のみせどころがない方
自由に才能を発揮して頂ければと思っています。(クックパッドの企業版のイメージです)

*家庭でも実践できるレシピになる為、女性の方の方が採用の可能性は格段に高いです。
その旨ご了承くださるようお願い申し上げます。


2016-09-01

seizou

■年末に向けて製造フル稼働します。

猛暑もあっという間に秋風に変わり過ごしやすくなりましたね。特に宮崎の夏は暑いので、スモーク・エースの夏場の製造は衛生面からスロー調整月になります。製造の大半が主婦というのもあり、伝統的な製造スタイルでもあります。その分、冬に向けて燻製品の需要が伸びるので、9月からフル稼働で年末年始を乗り切りたいと思っています。

 

■良質な製品を日々真面目に作り続けることでいつか光が当たる。

今年のお盆シーズンは例年よりも売り上げが伸びました。鶏炭火焼に関してはここ数年で数えきれないほどの類似品が登場しましたが、やっぱり宮崎空港直営店の鶏炭火焼が一番だった。というお客様が確信を持って戻ってきてくれたことが原因だと思っています。実際に接客をさせていただいた中での会話や、お客様からのカミングアウトも例年以上に多かったからです。大変嬉しいことですが、ここ数年のデフレ体質から特に関東圏は本当に美味しい。質の高いものをお求めになる傾向が強くなってきたと強く感じました。

 

■美味しくて安全。そしてその先へ

1983年の鶏炭火焼真空パックの商品開発から「美味しい、そして安全」をファーフトプライオリティに変わらず製造しています。衛生基準はHACCPを参考にスモーク・エース流に経過を全てノートに記録しています。フラットな状態での最終試食は代表である穴井が全て行います。夏場と冬場では特に塩度に対する印象が変わってくるからです。物が溢れている世の中で、私達の製品を選んでくださるお客様を大切にしながら、インターネットなどを活用して全国の方々により多く知って頂ける取り組みを強化したいと思います。

 

morituke

 

■成果が目に見え始めた実験。ティスティングセット

5月1日に発売したティスティングセット(2017年1月より厳選アソートギフトに名称変更予定)も人気が出てきました。スイーツのようなギフト箱と袋印刷を施し「デザインもこだわった」今までにない取り組みでした。適正価格を付けたつもりですが、「高い」というお客様はいらっしゃいませんでした。モニターも定期便購入者様から幅広く募りしたが、おおむね好意的な意見が大半を占めていました。デザインを前面に出す取り組みはスモーク・エース初だったので、発売日は緊張したことを思い出します。これで方向性は決まりました。

 

■まとめ|美味しく安全で美しく。。。へ。

ということは、きちんと付加価値として価格を認識して頂いている。それは私たちにとっては頭では分かっていても実例を体験しないと落とし込めない部分でした。見せる。というパッケージなどのプレゼンテーションも大切な時代になってきたと頭を切り替えないといけません。その辺りも含め、さらに私自身もセンスを高めるべく行動し、感動し、世界も見てこようと思っているところです。真面目に製造したもの(味に自信があるもの)をいかに素敵に見せるか。今年のギフト商戦が今から楽しみです。

 

鶏炭火焼


2016-07-07

■猛暑の中で鶏せせり香草焼の製造を乗り切る

宮崎の夏はとにかく暑い。梅雨が明けると恐怖の暑さが襲ってくる感じです。その中で夏の製造は暑さとの戦いになります。炎との戦いと言ってもいいでしょう。7月は看板商品である鶏炭火焼と鶏せせり香草焼の上半期のピーク時期でもあります。理由としてはお中元、お盆とシーズンに入ること。年末は燻製品のスケジュールが詰まっているので7月の製造が肝になること。というスモーク・エースの事情があります。梅雨明けのタイミングは体が慣れていないので要注意です。

■こまめな水分補給と「全国のお客様の為に」の精神

香ばしく焼き上げるため、外側をまず大きい炎でカリッと焼き上げます。うちの職人のみなせる技術ですが、体温の調整をしないと倒れてしまいます。この季節は水分とアイスノンなどの工夫をしながら全員で乗り越えます。朝のミーティングで私が言うのは、これだけ暑い思いをして一生懸命作った製品は絶対にお客様の笑顔に変わるはず。社会的意義があります。ということです。特にベテランの製造スタッフはぶれることなく、その想いを持って日々の製造に臨んでいます。美味しいものには必ず作り手の汗と想いがあります。

 

■BtoCでお客様が実感できるので製造もやる気が増す現象

ここ10年はインターネットの発送が増えてきました。商品開発からお客様にお届けするまで自分たちの手で。この究極系が確立されてきたと毎回感動しています。製造も最初は目にあまり止めなかった発送の光景が近年は普通の光景となり、自分たちが製造したものがクロネコヤマトさんに直接届くんだ。お客様の声を朝のミーティングで紹介するなどにより、その意識は年々強まっています。宮崎空港店のスタッフ接客もそうですが、この猛暑の中で製造するスタッフがいるから販売することができる。次回の勉強会で意思疎通していきたいと思います。

【特集】お中元に燻製お酒のつまみを贈る otyuugen_600


2016-07-01

■本質は変わらず変化していくインターネット環境

昨年からパソコンよりスマートフォンの方がアクセス多くなってきました。買い物はやっぱりパソコンですよね。と思ってたのですが、ディスプレイが大きくなり実際にスマートフォンから購入するお客様が増えてきました。宮崎空港店(実店舗)の前でも写真を撮影したり、その場でご家族にLineで連絡したり。そのような光景が当たり前になってきました。コンパクトなパソコンを常に携帯しているのと同じですよね。

■こまめな水分補給と「全国のお客様の為に」の精神

香ばしく焼き上げるため、外側をまず大きい炎でカリッと焼き上げます。うちの職人のみなせる技術ですが、体温の調整をしないと倒れてしまいます。この季節は水分とアイスノンなどの工夫をしながら全員で乗り越えます。朝のミーティングで私が言うのは、これだけ暑い思いをして一生懸命作った製品は絶対にお客様の笑顔に変わるはず。社会的意義があります。ということです。特にベテランの製造スタッフはぶれることなく、その想いを持って日々の製造に臨んでいます。美味しいものには必ず作り手の汗と想いがあります。

 

■BtoCでお客様が実感できるので製造もやる気が増す現象

ここ10年はインターネットの発送が増えてきました。商品開発からお客様にお届けするまで自分たちの手で。この究極系が確立されてきたと毎回感動しています。製造も最初は目にあまり止めなかった発送の光景が近年は普通の光景となり、自分たちが製造したものがクロネコヤマトさんに直接届くんだ。お客様の声を朝のミーティングで紹介するなどにより、その意識は年々強まっています。宮崎空港店のスタッフ接客もそうですが、この猛暑の中で製造するスタッフがいるから販売することができる。次回の勉強会で意思疎通していきたいと思います。

【特集】お中元に燻製お酒のつまみを贈る otyuugen_600

https://www.smokeace.jp/fs/food/c/ochugen


2016-06-28

■今年のお中元に燻製のお酒のつまみギフトを贈りませんか

最近のお中元に燻製が人気。お酒のおつまみとして人気が出ています。百貨店様などからもお中元に本格的な燻製工房のお酒のつまみギフトを探しているというお問い合わせもいただきました。お中元に燻製と言っても、創業1983年から手造り燻製工房として大切に製品を増やしてきたので、お中元の燻製お酒のおつまみには最高のラインナップだと思います。

燻製のお中元ギフト  

■お中元に燻製を贈る。お酒のおつまみは各種お酒とマリアージュ。

お中元にビールを贈る方も多いですが、お中元に燻製をお酒のおつまにとして贈ることで普段のビールが格段に美味しくなること間違いありませんよね。お中元に燻製品を贈る方の多くはビールのお酒のつまみ用という方が多いです。お酒とつまみはセットですから。夏はビールが美味しいですからね。ただ、お中元に燻製を贈る常連様は製品それぞれの特徴に合わせお酒のおつまとしてお酒の種類を変えて楽しまれます。スモークチーズは赤ワインによく合います。オリーブin鶏ささみハムは白ワインによく合います。お中元の燻製はお酒のつまみと言っても、夏らしく冷たいサングリアやシャンパンと一緒に召し上がっても楽しいかと思います。

 

■英気を養う。お中元の燻製で週末のお酒のつまみも問題なし。

スモーク・エースのお中元で燻製を贈る方の多くは、ありきたりのメーカー品を贈りたくない。栄養摂取することに敏感な方々です。キャンプの燻製を求めるのであれば問題ありませんが、お中元で燻製をお酒のつまみとして贈るのであればプロの加工技術が必要になってきます。賞味期限の長さを考えれば多量な添加物を使用しなければいけません。  

 

■お中元の燻製は夏野菜とお酒のおつまみを楽しむ。

しかし、お中元に燻製を贈るのは夏。私たちの手造り燻製は法律で規定された最低限度の添加物しか使用していない為、冷蔵保存のみ。賞味期限30日です。お中元で燻製をお酒のつまみとして贈る場合は、クロネコヤマトさんの力を借り工場直送です。美味しさ最優先のプロが仕上げたお中元の燻製品。お酒のつまみギフトとして是非お試し頂きたいと思います。この季節は夏野菜が水々しくて美味しい季節。お中元の燻製を夏野菜と一緒にお酒のおつまみとしてお楽しみ下さい。  

 

燻製のお中元ギフト

【特集】お中元に燻製お酒のつまみを贈る


2016-06-26

■今年の父の日はお酒のおつまみギフトが大人気

宮崎地鶏と燻製専門店なので、かねてより季節イベントの中では父の日のお酒のおつまみとして好評だったのですが、今年は父の日お酒のおつまみギフトというタイトルそのままのギフトセットが口コミも含め大人気で製造が追いつかないほどでした。

 

■燻製品が父の日お酒のつまみギフトに入っている。時間との戦い。

たまご燻製、スモークチーズ、オリジナルウィンナーが父の日お酒のつまみギフトの中に入っているので仕込みから燻製工程の時間差でやりくりするしかありません。スモーク・エースの燻製品は自社製のオリジナルスモーカーで時間をかけて製造しているため、製品にもよりますが燻製品がその日のうちに完成することはありません。父の日お酒のつまみギフトの予約は入っているものの、製造数が限られている。どうしても出荷までに製造を間に合わせなければいけないと父の日お酒のおつまみギフトの出荷ピーク前は焦りました。

win2016

 

■作りましょう。父の日お酒のおつまみギフト対応のため深夜に仕上げたオリジナルウィンナー

製造の中川と夜中の製造を決断しました。せっかくご予約いただいているのに、こちらの都合で断念するわけにはいかない。父の日お酒のつまみギフトで各々の家庭へお届けするお父さんの笑顔に貢献することができない。静まり返る工場でオリジナルソーセージの追加製造を行いました。上の写真は深夜にボイルから上がってきた父の日お酒のつまみギフト用のオリジナルウィンナーです。
 

■なんとか翌日の父の日お酒のつまみギフト発送に間に合う。

このウィンナーは翌日の第一便の発送になんとか間に合いました。午後の父の日お酒のつまみギフトの発送に間に合わせるためには在庫が足りない。翌日は製造スケジュールを変更し増量生産を行い、なんとか父の日お酒のつまみギフトすべりこみセーフ。他の燻製製造との同時並行でなんとか今年の父の日お酒のつまみギフトはスケジュール通りお届けすることができました。
 

■父の日お酒のおつまみギフトは頑張るお父さんを応援。

他の燻製製造との同時並行でなんとか今年の父の日お酒のつまみギフトはスケジュール通りお届けすることができました。大量生産はできませんが、吟味した原料と丁寧な製造で安心安全にお召し上がりいただけます。オリジナルウィンナーの豚肉はスモークソフトベーコンに使用している最高級品です。父の日遅れてごめんギフトも多かったので、発送完了と同時に社内は安堵と充実感に包まれていましたね。夜遅くまで頑張ってくれたスタッフ一同に感謝しかありません。年末に向けて、製造体制も強化していきたいと思っています。
 

【予約】父の日ギフト2017


2016-04-21

■早く終息しますように

この度の「平成28年(2016年)熊本地震」によって被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。宮崎県も14日の震度6から連日余震が続いており、気持ちが重い日々が続いています。しかしながら、熊本の方々の避難所生活や車中泊の状況を考えると弱音を言っている場合ではありません。
 


2016-02-26

■燻製が注目のようです

家庭用のロースターなども発売されているようで、燻製の人気が昨年から高まりを見せているようです。私達の工房でも燻煙中は製造している人間も驚く程、燻されます。

 

驚異的な浸透力であたかも自分達も燻製されてるのか。という位に強烈なスモーキーフレーバーが全身を覆い尽くします。これが燻製工房の日常になっており、今年で創業35年目になります。
gift_smoke200

 

■燻製作りは自家製スモーカーで丁寧にゆっくりと。

スモークの味わいが均一に浸透するように、私達スモーク・エースは大量生産はできませんが古典的製法で時間をかけ製造しています。燻煙の時間は製造日の天候や湿度などによって変化します。製造中はスモーカーの扉を開ける事は基本NGなので、コンディションを読みながら仕上がりの時間を予測します。

 

全て職人の勘頼り。ほぼゼロに近いですが、納得がいかない仕上がりの場合は全てボツにすることもあります。この手間暇と製品の判断基準は私達にしか出す事のない美味しさに直結しているからです。

 

■燻製の奥深さは製造工程の組み合わせ

燻製には熟成工程と乾燥/スモーク工程があります。もちろん熟成工程に味を浸透させる製造法や燻製直後に煙にまみれながら、味にアクセントを付ける工程がある製品もあります。

 

製品により味付けはもちろん、製造時間や熟成の工程も全く違います。一律ではないのも大量生産ができない理由であり、燻製の奥深さでもあります。そこを細部までこだわることができるのが専門店の強みです。

 

■燻製の製造はいつも緊張の真剣勝負

スモーク・エースの燻製製造スタッフは20年以上、もしくはもうすこしで20年というベテランのみで製造しているので、阿吽(あうん)の呼吸で工程が静かに行われています。製造工程を衛生的に保つためにも、静かに作業するということがとても重要になります。

 

次のことを頭に入れながら仕事をするということですね。緊張の積み重ねがより良い製品を生み出せると信じています。一つ一つに確実はなく、手探りの部分があるのが燻製造りで一番神経を使う部分です。

 

■燻製は原料にも妥協はしません

燻製造りは原料に関しても妥協を許しては美味し物ができません。私たちは地元産に限りなくこだわりますが、試作をしながらベストな原料を吟味します。今の所、パストラミビーフのオーストラリア産以外の燻製品は全て国産(9割宮崎産)です。

 

極上燻製ベーコンにつかう宮崎豚を燻製ソーセージにも使用します。いわゆる、混ぜ物なので格が落ちる原料(細切れ肉など)を使用することはしません。近年は100%に近い確率でありませんが、納得いかない燻製品は泣く泣く市場に出すのを断念します。

 

■燻製は安心安全の製造メーカーから生まれています

私はここ数年簡単なお弁当を作っているのですが、スモーク・エースの燻製品を必ず一品入れるようにしています。美味しさはもちろん、自分たちのスタッフで作るので一番安心という点が多くなりました。年を重ねるほど、口に入れる栄養も重要になってきます。

 

これだけの時間を費やした製品をお弁当の一品に簡単に加えることは、美味しくて安心安全だと思います。この辺りもこのブログで伝えていければと思っています。

 

皆様に私たちの会社と味を知っていただくためにも、等身大の情報発信をしていきたいと思うようになりました。日々の気付きをこのブログでお伝えできればと思っています。
自慢の燻製品一覧>>

 

 


2016-01-05

■なんとなく、何かが動いてる。

2016年がスタートしました。年始の大掃除から製造も開始。年末できなかった社長室の掃除も半日かけてピカピカになりました。年末年始もお陰様で慌ただしく、活気のあるスタートを迎える事ができました。今年は週末とお正月が重なってしまい、どうなることだろう?と思いましたが1月5日の本日もなかなか忙しく、休暇をまとめてとられる方も多くなったと感じています。かと思えば1日に帰省される方も多かった。家族の時間を優先される方、仕事を優先される方。ライフスタイルが多様化したなぁ。そう感じた2016年の幕開けでした。

 

2016main

 

■今年も美味しい笑顔を宮崎から全国へ

インターネット店も近日変更予定ですが、鶏炭火焼レアーのパッケージが新しくなりました。お客様にも大変好評です。もともと業務用に製造した鶏炭火焼レア―は常連様リピートNO1製品です。今年もユニークで美味しい物造りをしていく所存です。2016年もスモーク・エースをよろしくお願い致します。

 

【商品ページ】鶏炭火焼レアー>>

 

 


3 / 2412345...1020...最後 »

【公式】スモーク・エース直営店>>

【直営店】宮崎名物鶏炭火焼>>

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー